陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 04日

大人になる前

大人になる前‥‥。それは、ほんの些細なことでも“大人”と
張り合うようになってきた、微妙な距離感のある青春時代より、
もっと遡ることを意味している。

本の世界では、きよし少年を通しての重松清作品を数多く
読んできた‥‥つもりだ。でも、それはあくまで少年の目から
見た世界であり、私には、もう一方の少女たちの視線で見る
ことも、想像することも無理なことである。

ここひと月で「森 絵都(もり えと)」の作品を三冊立て続けに
読んだ。

一冊目は「永遠の出口」。小学三年から高校三年までの、多感な
一人の少女を描いた作品だ。
二冊目は「宇宙のみなしご」。私にも覚えがある。友だちの家の
屋根に一緒に上って見た夕焼け。その屋根の上で立ち上がって、
どちらが遠くに飛ばせるか描いた放物線。こんなこと、大人に
なってからはできないことだ。
三冊目は2006年直木賞受賞作品の「風に舞いあがるビニールシート」。
どちらかというと、児童文学を得意としてきたらしい筆者が、
懸命に何かを求めて生きる“大人”の物語を描いた、心に響く
六つの短編集だ。

子どもには出来なくて、大人には出来ること。逆にアラカンになった
からこそ見えてきた、大人になれば出来ないこと、子どもだったから
こそ出来たこと‥‥。

先日、早朝ランの帰り道。プ~ンと匂ってきた、とってもとっても
懐かしい香り。いまの子どもたちには、見向きもされずに残っている、
大きな桑の木に実ったクロ紫色の大きなクワズミ。数粒取ってみた。
摘んだ指と手の平はあっという間に濃い紫色に染まる。口に
含んでみた。その甘酸っぱい粒々を舌で転がしながら、瞼を閉じると、
そこには唇をぶんど色に染めて、夢中で貪る少年の姿があった‥‥。   
f0140209_19491057.jpg


by don-viajero | 2012-07-04 19:53 | | Comments(0)


<< 大人になってから      擬態 >>