陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 22日

タイムマシン

夏の背の高くなって乾いた草のなかを走っていた‥‥。
太陽に照らされ、遠くにキラキラ光る物体をめがけ
もがく様に必死になって向かって行った‥‥。
兎に角、その場所から一刻も早く離れたかった‥‥。
近づくにつれ一つだと思っていた輝く物体は、二つ、三つ、
四つ、五つ‥‥次第に増えていた‥‥。

私は、数十年前の記憶に残っている、街の外れにある
明るい森の草原にいた。そこには明らかに私と判る少年と、
その大勢の友だちが楽しそうに遊んでいた。

でも彼らのほかにそこにいたのは、数十年後の私ばかり
でなく、集っていた少年たちの数十年後の友たちも、
幼い少年たちを遠巻きに取り囲むようにして、黙って
見つめていた。

映像だけが動くのに、音のない世界に慄くようにして、
その場所を離れた。

タイムマシンは自分だけの特殊なものでなく、誰でも簡単に
過去へと運んでくれる乗り物になっていた‥‥。
f0140209_1883293.jpg
夕焼けに染まる東の空

by don-viajero | 2012-07-22 18:09 | 超短編小説 | Comments(0)


<< ターニングポイント      チーズ入り豚つくね焼き >>