陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 04日

悪戯な奴ら-「変化」その後-

f0140209_19441674.jpg

長いこと腹ん中で悪戯を繰り返してきた奴らと‘おさらば’した。
その名は“ピロリ菌”。正式な学名を“ヘリコバクター・ピロリ
(Helicobacter pylori)”。まるで胃や十二指腸のなかを、超小型
ヘリコプターに乗って、ピロピロ舐め回っているような名前だ!

初めてその症状が出たのは、30代前半だったろうか‥‥。我が家で
友人家族らを招いての会食で、暴飲暴食をした翌日の昼だった‥‥。
昼飯をほんの少し口にしただけで、お腹がキリキリ痛んだ。それは
生唾を吞み込むことも拒否するように、チクンチクンと数分おきに
襲いかかってきた。額には脂汗が浮かび、ついには我慢が出来ず、
痛い腹を押さえ、病院に駆け込んだ。
「あ、これは潰瘍だね!薬を出しますからね!」
胃腸科専門の医者は症状を訊き出し、腹と背中に手と聴診器を当てた
だけで言い当てたのだった。

それから幾度となく胃潰瘍&十二指腸潰瘍を繰り返し、昨年、薬を
服用していたのに、市の検診で引っかかってしまった‥‥。
この顛末は「変化」に載せている。
3ヵ月後の12月に検査。見事に除菌されていた!
完全に除去された悪戯菌ども「おさらばぇ~」ってなもんだ!

日本人の50歳以上の7~8割が感染しているという、この菌の除菌
療法の保険適用(2000年11月~)が“胃潰瘍”と“十二指腸潰瘍”
のみの適応であることをこのとき知った。そして先月の2月から、
ようやく慢性胃炎にも追加適応となった。

この“ピロリ菌”は潰瘍ばかりか、年間5万人もの人が亡くなって
いる胃がんにも関係しているらしい。そうであるならば、病気になる
前の検査や除去にも、保険適用であってもいいように思うのだが‥‥。

by don-viajero | 2013-03-04 19:50 | エッセー | Comments(0)


<< 昔日      『バインミー』 >>