陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 18日

鬼の霍乱・Ⅱ

f0140209_1834194.jpg

我が家の庭でキラキラとビロードの花弁を見せびらかす福寿草

今日も狂ったような南風が吹き荒れていた。我が家の唐松や赤松の
弱った枝は、先週の超キチガイ風にあらかた落とされていたから、
今日はそれほどのことはなかった。

ただ、この先週吹き荒れた風が問題だった。西山は南から舞い上げて
きた土埃で黄土色に辺りを覆いつくし、車からマスクをせずに降りれば、
喉のあたりがジャリジャリする始末だ。

夜、節々が痛み、筋肉も張り詰めてカチンカチン。
-すわ一大事!鬼の霍乱だぁ!風邪でもひいたかな?-
ただし体温計は平熱を指していた。しかし、節々が痛く身体を横にして
ぐっすり眠りたかった。その夜、何度も寝返りを打ち、いろんな夢を
見た。目覚めたとき、やはり熱は無さそうだった。
-分かった!これは鬼の霍乱なんかじゃなく、ただの筋肉痛だ!-

そう、大風の吹く前日の夕方、我が家にある優に70kg~80kgは
越えそうな大岩を、それぞれ5mほど素手で移動させたのだった‥‥。

-いつまでも 若いと思うな 力瘤-

by don-viajero | 2013-03-18 20:33 | エッセー | Comments(0)


<< 『三兄弟』      超短編小説 『投身』 >>