陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 07日

厄年

前厄、本厄、後厄、そして最近ではお礼参りまである。ほかに
八方塞がり。以前は生れた年の干支が、元の干支に戻ることを
長寿の祝いとした60歳の翌年が、男女とも通常の厄年の最後で
あったのだが、現代では長寿祝いを迎えた年(古稀70歳・喜寿
77歳・傘寿80歳・米寿88歳・卒寿90歳)の翌年を、都合よく
高齢の厄年としてしまっている。(厄年の歳は数え年)
日本の宗教とはかくも脅しをかけて、銭をふんだくりたいらしい。
f0140209_19502275.jpg

男41(しじゅういち)のとき、当時40軒ほど加入していた地区の
常会長に任じられた。世間で言う『大厄』の歳だ。この手のものに
無頓着な私は、当然“厄祓い”なんてものはしない。

過分なくこなしていった半年後、鎮守様のお祭の祭典委員としての
初日。山へ山車(だし)用のナル木採りの朝だった。ここ数十年
なかった、常会内での全焼火事に見舞われた。幸い一人の負傷者も
出さずに鎮火したものの、右往左往していた私を見かねた長老が
「常会長は公民館で、でぇ~んと坐ってみんなに指示するんだ!」
「そ、そんなこと言ったって‥‥何を指示したら‥???」
「大丈夫だ!俺が横に居てやるから!」
「よろしくお願いします。ありがとうございます!」

この『大厄』の歳、微妙ではあるが、まだ倍は生きられるかな?
なぁ~んて思ってはいたのであるが、60歳『還暦』を迎えた今、
この倍は2万%ありえない。(橋下氏の言い回し:笑)

カミさんや三人の子供たち、四人の孫たち(もう一人6月に出て
くるのが腹の中)に囲まれ、昨日ちょっと早いが家族揃って
祝ってくれた『還暦』。

好々爺として残りの人生を過ごしてゆこう‥‥。 

by don-viajero | 2013-04-07 20:27 | エッセー | Comments(2)
Commented by パーチ at 2013-04-08 19:31 x
いやいやDONならひょっとすると2倍生きられるかもしれないよ。(^^
FBで娘や孫に囲まれて幸せそうな写真を見せてもらいました。
Commented by DON VIAJERO at 2013-04-09 06:31 x
120歳まで生きたらギネスもんだね!(笑)
長女は速攻で載せるよ!ありがとう!


<< 梅・競演      炊飯器で >>