陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 08日

蝉の一生

苦節7年、土中で暮らし日の目を見たというのに、たった
一週間でその生涯を閉じてしまう。
f0140209_20191461.jpg
f0140209_2019666.jpg

今回コンデジではあるが、初めて感動的な瞬間に出くわした!
それはまるで、人間の出産の場面(私は今もってないが)にでも、
立ち遇っているかのような気さえした。

人間ならば70歳にして羽化をし、大声を張り上げパートナーを
探し出し、生殖を終え朽ちてゆく。ということらしい‥‥。

by don-viajero | 2013-07-08 20:21 | Photo | Comments(0)


<< 間断灌水      『ぼくが愛したゴウスト』 >>