陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 10日

間断灌水

f0140209_18295240.jpg

「ずくの会」の仲間に入れてもらってから、もう彼此十年
近くになるだろうか‥‥。

初めのころは“がわた(かたわら)”の人間として、年3回の
草取りにも出なかったし、水掛作業も田んぼの近くの仲間に
任せっぱなしだった。
次第に仲間の数が増え、大きな田んぼも借りて、蓮華米を
作るようになってから「蓮華部長」として、否応なしに少しずつ
中心部へと近づいていった。ところが今年初頭から、ど真ん中で
動いていたS氏が体調を崩してしまい、私とI氏で頑張って
やっていくことになったのだ。

「出穂」「中干し」「間断灌水」という言葉も覚えた。
師匠(もち米田のオーナーY氏)ばかりでなくS氏に相談したり、
ネットで調べたりと結構『米』に関わっている。

先週の『梅雨明け宣言』された土曜日、「もち米田」の最後の
草取りやすべての田の追肥を済ませ、あとはみんなが集まっての
作業(水掛当番以外)は9月の稲刈りまでお休みだ。

『梅雨明け』とともに、ここ安曇野にもジリジリと容赦なく照り
付ける暑い日差しの夏がやってきた。

そこで「もち米田」、新たに借りて今年から収穫前に蓮華を蒔く
「5畝田」の水掛当番に連絡をし、そして私が担当の「蓮華田」で、
昨年までやっていなかった「間断灌水」を実行してみることにした!

by don-viajero | 2013-07-10 20:24 | ずくの会(米作り) | Comments(2)
Commented by パーチ at 2013-07-10 23:32 x
最近、近所の田圃見てると何故かいいな~って感じるようになった。
ボクにも日本人の農耕民族としての血が流れてるってことなのかな。
でも、まだ自分で田んぼやりたいとは思わないな。(´`)=3
Commented by DON VIAJERO at 2013-07-11 05:21 x
一昨年、その歳になるまで自分で(正確には自分たちでだが・・)
作った米を、自分の口に入るなんて思ってもいなかったよ!
さぁ~って!水門を開けに行こうぉ~っと!


<< 我が家の紫陽花 Ⅰ      蝉の一生 >>