陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 29日

『ツバとミツ』

f0140209_17531273.jpg僕は最近まで、ある国の諜報局に勤めていた者だ。

しかし、その機関のあまりにも露骨なやり方に嫌気をさし、
母国の膨大な諜報資料を手土産に今、他国に亡命を
計ったものの、某国際空港のトランジットルームで足止めを
食らっている。

そこで担当者から手渡されたのが、某国の有名な小説だ。
「この本でも読んでいなさい!」
僕の国の言葉に翻訳されたその本は、ただただ長いだけで
内容もチンプンカンプンだったし、そもそも一つ一つの文字の
意味さえも理解不能。数ページで閉じてしまった。

数日後、放り投げていたその本を拾い上げ、手にとってよ~く
見てみた。
-そうか!これはすべての文字が逆に印刷されて
  しまっただけの本だったんだ!!!-
『ツバとミツ』⇒『ツミとバツ』⇒『罪と罰』

-人生とはそんなものかもしれないな!-

by don-viajero | 2013-07-29 20:08 | 超短編小説 | Comments(0)


<< 『猫』      クスクス >>