陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 20日

盆の入り

f0140209_17523473.jpg

茹だるような、まったりとした午後。
新たに入居を募集したばかりの瀟洒なマンションだというのに、
まったく人影がない。植樹されたエントランス前の木々の枝は、
あまりの暑さにダラリと垂れ下げている。

ボクは誰一人いないエレベーターホールで、上階から少なくなってくる
数字を眺めていた。

-チーン-
1階エレベーターの扉が開く。

そこには学生服姿のF君とK君がいた‥‥。
彼らが手招きでボクを招き入れる。
F君が「Close」のボタンを押し、K君が50階(屋上)の数字を
押した。エレベーターが上昇を始めると同時に、物静かなF君が
口を開く。
「ボクがあっちの世界にいってからのこと、
 話してくれないかな‥‥?」
「そんな昔のことは忘れたよ‥‥」
 大きな目を開いてK君が、
「じゃぁ、ボクのほうの記憶が近いかも‥‥」
「でも‥、もう十年以上前だよ!」

-チーン-
屋上50階で扉が開いた。

ボクだけを吐き出して、エレベーターの扉がす~っと閉じて、階下へと
滑るように降りていった。ぬめ~っとした熱くて粘つく空気の中を、
ときおり爽やかな風が吹き抜けてゆく。屋上から目に入る林立する
ビル群が、どこか墓石に見えていた‥‥。  

by don-viajero | 2013-08-20 19:50 | | Comments(0)


<< カリカリガーリックサラダ      打海 文三 >>