陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 21日

魚の小骨

長いこと喉の奥深くに、一つや二つ魚の小骨のようなものが、
引っかかったままでいる御仁も多かろう‥‥。

f0140209_18404142.jpg


f0140209_18411065.jpg


f0140209_18414218.jpg








(Google画像集より)

フローレス行きフライトの待ち時間、ラ・アウロラ空港
外へ出てブラブラしていた私は、目の前の名前も解せぬ紫色の
花をつけた木々に見惚れていた。

先日、ラジオからある現地レポーターの報告で、
「今‘ジャカランダ’の紫色の花が満開でとっても綺麗です!」
早速メモをして、帰宅後ネットで調べた。あの花木だった。

ついでに世界三大花木のことも覚えた。
一つの小骨が取れて、新たに一つのことを知った。

写真は左から
 ジャカランダ(紫雲木)・フランボヤン(鳳凰木)・スパトデア(火焔木)

by don-viajero | 2013-11-21 20:50 | エッセー | Comments(0)


<< 晩秋のラン(秋と冬の狭間のなかで)      Fall >>