陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 09日

あの日。3・11(第六章)

映画「おくりびと」で初めて知った‘納棺師’という存在。
その納棺師の一人である笹原留似子氏が、遺体の
復元にこだわり、自らを‘復元納棺師’と名乗り、‘復元師’
と‘納棺師’として死者と生者とを見つめてきた現場での
記録が、第一章から第五章まで綴られ、そして第六章
からは、あの忌まわしい【3・11】の記述が始まる
『おもかげ復元師』。

先日、毎朝チェックするM氏のブログで、この本を紹介
していた。早速、アマゾンユーズドでゲット!

手元に届いた夜から読み始めたものの、第一章から
涙腺は緩みっぱなしだ‥‥。数ページも進まないうちに
零れてくる大粒の涙と鼻水で顔はぐしゃぐしゃ。嗚咽さえ
もらす‥‥。横に置いたティッシュの箱から次々と
引っ張り出され、皺くちゃになった紙の山‥‥。

涙を拭い、そっと閉じた瞼の下では、湯灌を済ませ、
死化粧を施され「男前」になった父の顔がチラチラ
過ってゆく‥‥。
f0140209_16192149.jpg


by don-viajero | 2014-03-09 16:21 | | Comments(0)


<< ウィスキーとアフリカと      托鉢Ⅲ >>