陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 10日

ウィスキーとアフリカと

この題名はブログの中身とはまったく関係ありません‥‥。

以前にも書いたことがあると思いますが‥‥。
長い旅のなかで必ず時間を弄んでしまうときがある。
そんなとき、木陰のベンチに腰掛けページを開く。
活字を追うことに疲れ、心地よい風に誘われるように、
微睡んでしまうこともある‥‥。

今回ミャンマーの旅でお供したのが『アフリカの瞳』
帚木蓬生(ははきぎほうせい)著。この作者との出逢いは、
姪のお薦め作者だったからだ。初めて手にしたのが
『安楽病棟』。現役の精神科医としての短編物だったが、
つまらなくて途中で放り投げてしまった。しかし、今回の
作品はこれでも同じ作者なのかと訝ってしまうほど上出来な
作品だった。国名は伏せてはあるが、明らかに南アフリカ
共和国の実情である。

主要なテーマは、主人公の医師「作田」を通して見えてくる、
エイズ問題やいまでも蔓延る人種差別。指導者や富裕層が
白人から黒人にとって代わっただけで、何ら変わらない
アフリカの現状だ。
そして、突然起こった息子の誘拐事件‥‥。
f0140209_17555462.jpg

f0140209_17562434.jpg
ビール(1000k)とウィスキー(1500k)を買ったホテル横の雑貨屋のおばさんと
(インレー湖・ニャウンシュエにて)

by don-viajero | 2014-03-10 19:47 | | Comments(0)


<< 前夜祭      あの日。3・11(第六章) >>