陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 15日

キンマ

f0140209_179676.jpg
キンマ屋台・おそらくインド系の親子だろうか?

キンマという嗜好品に出くわしたのは、今から40年近く前、
アフガニスタンからカイバル峠を越え、パキスタン・ペシャワールの
街に着いてからだったと記憶している。特にこの習慣に嫌悪感を
覚えたのは、インドに入ってからだ‥‥。

キンマを噛んで、口の中に溜まった真っ赤な唾液を、所構わず
「ガーッ、ペッ、ペッ」と吐く。路上には血を吐いたような跡が、
点々と染みになって残る。その横で野菜や果物を売る人々。
常用者は歯まで赤黒く染まっている。

ミャンマー・ヤンゴンでこれほど、大勢の人々が嗜んでいるのを
見るのは、インド以来だった。背後を歩くときには、気をつけ
なければ、いつ「ペッペッ」をやられ、自分の体に吐きつけ
られるか、ビクビクしていた。だからか自然とどんなに混み
あっていても、1mほどは間を空けて歩いていた。

こんな小汚い上に、歯までを赤黒くしてしまう、噛んで吐く嗜好品。
さすがに、若者たちの間で減ってきていることは、幸いである‥‥。

by don-viajero | 2014-03-15 19:45 | Myanmar | Comments(0)


<< 賑やかな訪問者Ⅰ      春一番の味 >>