陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 22日

男勝り

まさに彼女のためにある言葉かもしれない‥‥。

4月、温泉スタンドで声を掛けられた。
「M君、観た?‥あれ観た?」
月曜夜、某国営放送の「鶴瓶の家族に乾杯・安曇野編」で彼女が
出るという情報は、カミさんから漏れ聞いていた。
「疲れていて8時前に、寝ちゃったよ‥‥(笑)」
「なぁんだ、観なかったんだ!アタシが出てるんだよ!
 しかも、ほとんどアタシが主役!主役だよ!!
 DVDで録画してあるから、貸してあげるよ!」
「大丈夫!ネットで検索すればヒットするだろうから、
 ゆっくり観ることにするよ!」

浅川女史に出逢ったのは、山小屋でバイトをしているときだった。
町営ということもあって、役場職員で全身から発する元気100倍の
オーラの持ち主だった彼女は、ちょくちょく遊びに来ていた。
国体スキー大回転競技2位の実績や、ノアの箱舟伝説のある
アララト山(標高5,137m)に、大町山学会の遠征メンバーとして
登頂したこともそのころ聞いた。
その後、狭い街だ。忘れたころ顔を逢わせ、時折話をしていた‥‥。

先日、乗鞍の友人宅に出向いたとき、彼の仲間(この御仁、朴訥と
した雰囲気や喋り方が、あの黒板五郎さんみたいな人)と一杯酌み
交わす機会に恵まれ、その折五郎さん?(私は飲んでいる最中こう
呼んでいた)は彼女と旧交があり、この話題が持ち上がった次第だ。



by don-viajero | 2014-10-22 18:44 | エッセー | Comments(0)


<< 栗おこわ      番所大滝 >>