陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 28日

『ピーターパン語』

f0140209_197270.jpg
(首相官邸HPから)

アドルフお坊ちゃんが多用する言葉を紹介しよう。
いわゆるピーターパン語(命名者/Mr.DON)である。

「まさに」、「いわば」、「~において」、「一般に」。
「まさに」でも「いわば」でも付け加えなくともいいところで
使っているのだ。
「いわば、ないわけでありまして‥‥」
「まさに、そこに書いてあるのは‥‥」
「基本のなかにおいて‥‥」これらは話のリズムやテンポを取る
使い方で、個人言語というらしい。

「一般に」が飛び出したら、これから例外について話すんだよと、
強調したいがためであり、自分の主張ではなく法律に書いてある
ことや、他の人たちが言っていることであって、自分の意見じゃ
ないよと暗示したいとき、つまり逃げ道として使っているのだ。

しかし、多くの憲法学者が違憲だと叫んでいる「一般に」には、
耳を貸そうとはしないから、不思議な御仁だ。これらの言葉が
ピーターパン症候群に当てはまることは言わずもがなのことである。

「すべての責任は私にあります」と言いながら、何ら責任をとらない。
そして、この独裁者は声高らかに「憲法解釈の最高責任者は私だ」と
嘯(うそぶ)いているんだから驚いちゃうね!

天皇は国民に向き、自分の言葉に陶酔しきっているお坊ちゃんは
己に向いている。哀れな奴だよ!

-物言えば 唇寒し 自民党-(Mr.DON偽作)

by don-viajero | 2015-07-28 19:16 | エッセー | Comments(0)


<< スリランカ      夏の夕暮れ雲 >>