陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 30日

スリランカ

f0140209_1819215.jpg
      (シギリヤロック・スリランカ政府観光局のHPより)

数十年前、この国は「セイロン」という国名で、首都は「コロンボ」に
置かれていた‥‥。

インド・カルカッタ(現名コルカタ)のブラックマーケットで、レンズに
ヒビが入ってしまったニコマートFTNを、紹介されたボスと名乗る大男に
気付かれることなく売ることが出来た私は、逃げるようにして駅に向かい、
マドラス(現名チェンナイ)行チケットを購入し、列車に飛び乗った‥‥。

2日後、到着したマドラスの駅前で、カメラを盗まれたと大騒ぎを演じ、
近くのPoliceで盗難証明を発行してもらい、すっかり疲れ切った私は、
うな垂れるようにして、駅の日陰になった階段で座り込んでいた。
そのとき、突然横から覗きながら神妙な声で呼びかけられた。
「あれ?Mさんじゃないですか?」
「あっ!Iさん!それにMさん!」
Iさん夫婦(M奥さんはスペイン人)とはトルコ・アンカラからイラン・
テヘラン行のコンパートメントで同行し、テヘラン・アミアカビール
ホテルでも同宿して以来の再会だった。

奥さんと旅をしながら日本へ帰ると言っていたIさん。
「私たちは、これからスリランカ(4年ほど前にセイロンから改名)へ
 フェリーで渡るんだよ!一緒に 行かないか?」
そのときは、かなり迷ったが
「ボクはこれからインドの最南端カニヤ・クマリ(ケープ・コモリン)へ
 行く予定なんで、日程的にちょっと無理かな‥‥?諦めます。
 また何処かでお逢いしましょう!」そう言って別れた‥‥。

あのときの口惜しさを補いに、来年あたり訪れてみようかな?
旧名「セイロン」と名乗っていたあの国へ‥‥。  

by don-viajero | 2015-07-30 18:46 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)


<< ムサカリゾット      『ピーターパン語』 >>