陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 02日

カスレ

イタ~リアンからフレンチへ!

『カスレ』とはフランス南西部の有名な地方料理だそうだ。
もちろん、作ったこともなければ食べたこともない。

日曜の夜、カミさんは生協の仲間たちと女子会(ババ会)
ディナー。そこで一人、この料理にチャレンジだ!

ただ『カスレ』と言っても、そもそもは各家での家庭料理で、
様々なレパートリーがあるということだ。
今回は題して『カスレ風豆とスペアリブの煮込み』を作ってみた。
f0140209_18572841.jpg

材料:スペアリブ・2本、カットトマト水煮缶・400g入り半缶、
    ひよこ豆・100g入り1缶、粗みじん切りタマネギ・1/4個、
    粗みじん切りニンジン・1/8、塩(下味用)・小さじ1、
    サラダ油・大さじ1、塩コショウ・適、ローリエ・1枚、
    パン粉・適、バター・10g×2個

作り方
① フライパンにサラダ油を入れ、塩もみしたスペアリブの表面を
  中火でこんがりと焼き、いったん取り出す
② フライパンの脂を拭き取り、タマネギ、ニンジンを入れ、しんなり
  するまで炒め、①のスペアリブ、ひよこ豆、トマトの水煮、
  ローリエを加え、混ぜ合わせ、蓋をして中火で5分ほど煮込む
③ 塩コショウを塗し、バター10gを塗った耐熱容器に移し、パン粉を
  ふり、ちぎった10gのバターをのせ、トースターで表面が少しだけ
  こんがりするまで焼く(5分ほど)

材料が多いわりに簡単な料理で、スペアリブの肉がとっても柔らかく、
赤ワインのお伴には◎でした!

by don-viajero | 2016-03-02 18:59 | 男の料理 | Comments(0)


<< ホタルイカのちらし寿司      午後のイタ~リアン >>