陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 13日

本屋大賞

f0140209_19214583.jpg
2004年から始まったこの賞のコンセプトは
『全国書店員が選んだいちばん!売りたい本』だ。

今年度の受賞作は宮下奈都著『羊と鋼の森』。まだ読んでいない。

彼女の本は『遠くの声に耳を澄ませて』と『誰かが足りない』の
2冊だけ読破済みである。

なにぶん天邪鬼の私は、【芥川賞】や【直木賞】に選ばれた本は
滅多に読まないが、この賞だけには食指が動かされる。

2004年第一回から選ばれた上位10作からの読書歴を披露しよう。
(〇囲み数字は順位・敬称略)
‘04年/①『博士の愛した数式』小川洋子
   /②『クライマーズ・ハイ』横山秀夫
   /③『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎
   /④『永遠の出口』森絵都
   /⑤『重力ピエロ』伊坂幸太郎
‘05年/①『夜のピクニック』恩田陸
   /②『明日の記憶』荻原浩
   /⑤『チルドレン』伊坂幸太郎
‘06年/③『死神の精度』伊坂幸太郎
   /⑤『その日の前に』重松清
‘07年/④『週末のフール』伊坂幸太郎
   /⑥『鴨川ホルモー』万城目学
   /⑩『名もなき毒』宮部みゆき
‘08年/①『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎
   /④『悪人』吉田修一
   /⑩『カシオペアの丘で』重松清
‘09年/⑩『モダンタイムス』伊坂幸太郎
‘10年・’11年/0
‘12年/⑦『誰かが足りない』宮下奈都
‘13年/③『64』横山秀夫
‘14年・’15年/0

by don-viajero | 2016-04-13 19:32 | | Comments(0)


<< 萌え木      松尾寺点描 >>