2016年 08月 04日

ダ・マスゴミ

f0140209_20145242.jpg
安倍晋三

「なぁ、スガよぉ‥‥。 
 国民を騙すなんてチョロいもんだよなぁ‥‥」

お坊ちゃんは件(くだん)の幇間・スガに呟くように言った。

「どういうことですか?」

「今回の参議院選挙でボクはこう言い続けた。
 -私の内閣で、株は上がった!-
 -私の内閣で、雇用は増えた!-
 -私の内閣で、税収は増えた!-」

「事実そうでしたね!」

「でも、一部の懐疑的なマスコミは‥‥特にA、M、T新聞社は‥‥。
 -株が上がったのは国民の年金(GPIF)で大量に購入したからさ!-
 -雇用だって団塊世代の大量退職に伴い、非正規社員を多く
  採用しただけじゃないか!- 
 -税収増だって、消費税を5%から8%に上げたんだから当たり前だ!-
 すべてその通りだ!しかし、ボクには強~い味方がいるんだよね!
 モミ・ジョンウン率いる提灯持ちの国営放送と、購読数日本一を誇る
 日本版人民日報とその系列メディアだ!
 こいつら【ダ・マスゴミ】の力がボクに活力を与えているんだ!」

「御意!」

「ボクの意に沿う同士が国会で2/3を超えた!凄いことだぞ!!!
 女幇間を防衛大臣に据えたことだし、【緊急事態条項】新設で
 最高指導者がいかなる場面においても、国民の自由を規制
 できるのだ!ワイマール憲法バンザ~イ!バンザ~イ!!
 今、まさに我が身にヒトラー降臨し!!!」

「御~~~~~意!!!」

さすがのスガも、かの「ウエマツ」的発言に震えあがって、
小便をチビッてしまっていた‥‥。

by don-viajero | 2016-08-04 20:38 | 超短編小説 | Comments(0)


<< パクチスト      真夏のコトコト料理 >>