「ほっ」と。キャンペーン
2016年 11月 12日

'16 収穫祭

f0140209_18215031.jpg

手押し田植機のエンジンがかからず、近くの農家の人から
乗用田植機を借りて、何とか田植えを済ませたものの、
稲刈りでは、長雨で田んぼがぬかるんでバインダーが
機能せず、最後の百坪ほどは手刈り作業。
その後も、ハゼ掛けした稲は台風の突風で1/3は倒壊。
そして掛け直し。最後の脱穀でもハーヴェスターが
駄々をこねて、唐箕の出番。

散々だった今年の農作業‥‥。
でも収穫は大豊作!昨年と同じ田んぼだけでも30k籾の
総量で8袋以上多く、しかも実入りが良かったのだ!!!
通常、籾に対して精米した場合7掛けと言われているが、
ほとんどの30k籾が22k~23kだった!

そして明日、ご苦労会を兼ねての収穫祭を東屋で催す。
11月中旬だというのに、天気は穏やかな小春日和の予報だ。

それもこれも、田んぼの仲間たちとの苦労があっての大豊作の
「実り」を迎えることができたのだ!

新米を送った府中の義姉から、生ホタテ(1k)の冷凍が届いた。
「どうぞ美味しいお米を作ってくれた皆さんで
召し上がって下さい」
と添え書きが挟まれていた。

さて、明日は生ホタテを使ってどんな料理を作ろうかな?
今宵、クックパッドで検索だ!!!

by don-viajero | 2016-11-12 18:52 | ずくの会(米作り) | Comments(0)


<< 生ホタテ料理      「七人の孫」 >>