陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 25日

裸の王様

f0140209_17532436.jpg
【イラストACより/一部加筆】

「I’m Abe Mario!
大日本国(と本人は思っている)の総理大臣=王である!」

空気を切り裂き、大地を揺るがす熱狂的なアベコールが幾重にも
重なりあい響き渡る。
「ワァー!ワァー!!ワァー!!!マンセーアベ!!!!」

ところが、彼が初めて会談し“信頼できる指導者”であるはずの
次期米国大統領は、いち早くTPP不参加を表明してしまった。
しかも、何度も会談を重ねてきたロシア大統領も、今回の訪日で
前代未聞である王様の地元、しかも御贔屓の旅館での接待を画策
しているのに、向こうは一枚も二枚も上手(うわて)の交渉相手だ。
旧ソ連時代の領地を奪い返すことはあっても、他国になんぞ渡す
わけがない。結局は日本から、ひいては日本国民の金を出させる
ことしか考えていない独裁者である。

ところで、声高に騒いでいた【アベノミクス】はいったいどこに
行ってしまったのだろうか?確かにあのときは株も上がり円安にも
なった。しかし、それは誰一人として責任を取らなかった、あの
悪名高き“グリーンピア”の残党どもの組織・GPIFが国民の大事な
年金を、大量に注ぎ込んで株を購入したからであって、当たり前の
ことだ。こんなことは小学生でも解る図式だ。いまでは真っ暗な土蔵の
奥で【どアホノミクス】と化しているのであろうか?
まさか、最近の株高円安を「道半ばだったアベノミクスの成果だ!」
なぁんて言い出すんじゃないだろうな?(笑)

日本国中で「アベマリオ王様は大したものだ!」そんなバカ騒ぎも、
無垢な子供たちばかりか、脳みそがデジタルでも心がアナログな
人々にもはっきり見えている‥‥彼が裸であることを!

しかしながら、あまりにも不気味なのは、マスゴミを含め彼の取り
巻きたち誰一人「王様は裸です」と言わないことである‥‥。

by don-viajero | 2016-11-25 18:46 | 「アドルフお坊ちゃん」 | Comments(0)


<< シーズン最後のキノコ      癇に障る・Ⅱ >>