2017年 03月 11日

『重力ピエロ』

『見るまえに跳べ』もう半世紀以上も前に書かれた、
大江健三郎氏による著作本である。この本の存在を知ったのは、
私はまだ中学生。学生運動が走り始めたばかりの時代だ‥‥。

学生時代、休学して世界一人旅を画していたころ、竹馬の友に
その話をしたところ、こう言われた‥‥。
「ほとんど知識がなくて跳ぶなんてことは、無謀だよ!
 “跳ぶまえに見よ”じゃないかな‥‥?」
「そりゃぁ、最低限の下調べだけはする。でも他人の経験論を
 参考にするつもりはない!この旅を、自分だけのものに
 するためにはね!ボクは“見るまえに跳べ”派だから‥‥!」

昨年のある日、娘から携帯メールが届いた‥‥。
「お父さん!“64”を映画館で観たよ!とても面白かったよ!
 本ある?あったら読ませて!」「Of Course ! 了解!」‥‥。

先日、無料の某ネット動画配信サイトで『重力ピエロ』を観た。
伊坂幸太郎氏の同名本は、数年前に読破している。
f0140209_1842176.jpg


やはり以前、伊坂幸太郎・著/大沢たかお主演『陽気なギャングが
地球を回す』の映像を観た。(両映画とも“鈴木京香”が出演‥‥)

作品を読んだあと映像を観るか?それとも映像を観てから作品を
読むか?当然、私は前者であるのだが‥‥。

by don-viajero | 2017-03-11 18:45 | | Comments(2)
Commented by libra-mikio at 2017-03-23 22:05
私も読んでから見る派です。
この前初めて、沈黙、読みました。
Commented by don-viajero at 2017-03-24 20:12
『風に吹かれて』が流れる『アヒルと鴨のコインロッカー』。
この映画でau三太郎の“濱田岳”を初めて知りました。この映画は読後のなかでも秀逸です。
しかし、最悪は『ラッシュライフ』でしたね!
『フィッシュストーリー』も私の中では落第点。
以前、宮部みゆき氏が-映像を意識して作品を書いている-ということを言っていましたが、文字の表現に映像が追い付いていないように思われます!


<< 山岳写真・1974年遠見尾根Ⅱ      みんなのサラ川 >>