2007年 07月 07日

旅 -アジアを歩く-

今でこそ、色々なガイドブックが簡単に手に入る時代であるが、
私が旅に出ようと思った時、それなるものはほとんどなかった。
深井聡男著『アジアを歩く』。これ一冊だけが、
この地域を旅する人々のバイブルといって過言ではなかった。
第二のインドブームを巻き起こした、
あの沢木耕太郎著『深夜特急』と同じく、
アジアからヨーロッパまでのバックパッカー用ガイドブックだ。

私はギリシャ・アテネから入り、トルコ、アメリカナイズされた
パーレビ王朝時代のイラン、平和だった頃のアフガニスタン、
パキスタン、混沌としたインド、ヒマラヤを抱えたネパール、
再びインド、パキスタンと周り、カラチから帰国した。

当時$1=240円。しかもフライトは南回り。
アテネに到着するまで、羽田⇒マニラ⇒バンコク⇒カラチ
⇒ダマスカス⇒アテネという気の遠くなるような
経由地を経ての行程であった。
今では、ワンフライトでヨーロッパ各都市へ行ける時代だ。
隔世の感がある。

この旅のイエスタデイは後日、少しずつ認めていくつもりである。

by don-viajero | 2007-07-07 08:37 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)


<< 旅 -モロッコⅠ-      旅 -序章- >>