陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 19日

同級会

先日、毎年この時期にやっている小学校の同級会に出席した。
数年前、初めて参加した。会場が鮨屋というだけで‥‥。

同級会というものは、とりあえずそこそこに幸福な生活を
送っている者たちだけが集まってくるところだろう。
卒業して40年以上もご無沙汰していても、同じ町うちのことである。
それなりの噂は耳にするし、偶然逢ったりもする。
年に一回は酒を酌み交わす級友もいる。

同じ年、似たような境遇‥‥。
もちろん一人一人みんなちがっているけれど‥‥。
それぞれの人生を垣間見ることができるかもしれない‥‥。
そんな思いも相まって行ってみた。
私を含めて男性六人、女性七人。それに二年、三年時の恩師
N先生と四年から六年までの恩師H先生が席を共にした。

用事があるというN先生は一時間も経たないうちに席を立ち、
隣町の教育長を務めたのを最後に公職を退いたH先生が残り、
めっきりと年を取ったが持ち前の謹厳実直さで
それぞれに相対している。
-昔からそうだったな‥‥そこが嫌いなんだよ-
往年の癖は年齢を重ねるにつれ、さらに顕著になったようだ。

酒量も進み、大声で語り合っている時だ。一人の女性が
前に座っているH君を名指しで非難し始めた。
まるで何かを問い詰めている。明らかな「いじめ」。
その行為そのものに異論はなかったのだが、
-クラスの中でも目立たず、おとなしかったあのT子ちゃんが‥-
私は唖然として、聞き耳を立てていた。

それ以来時を経て、昨年、今年と続けて出席した。
昨年、居合わせたT子さんにあの話題を振り向けたかったのだが、
言いそびれてしまった。
-今年こそは、彼女の変貌の生い立ちを聞いてみよう-
勇んで行ったのだが、あいにく彼女は欠席。
しかし、こんなことを聞いた。
「T子さんの旦那さんって刑事なのよ」

翌日、夢を見た。
薄暗い取調室でT子刑事に激しく締め上げられているH君の‥‥。
もちろん、H君はその後出席したことはないそうだ‥‥。

by don-viajero | 2007-08-19 07:54 | エッセー | Comments(2)
Commented by 蚊取奴 at 2007-08-19 10:54 x
「同級会」というのは信州で初めて聞いた言葉です。
入学から卒業まで同じクラスというのも驚きでした。
最近では途中でクラス替えが行われるようですが、
そうなると「同級会」もややこしくなりそうですね。
Commented by DON VIAJERO at 2007-08-19 18:55 x
あの時代、もし、今のようなクラス替えがあったら、
それぞれの人生にひょっとしたらまったくちがったものが
生まれていたかも?
個体のクローンはできても、時代やそれを取巻く環境が
ちがうんだから、決して同じ顔、同じ遺伝子を備えた者でも、
まったくちがった人生になるんじゃないですか?
そう考えれば人生って不思議ですね!
このこと『分かれ道』に関しては、再度投稿したいと
思っています。


<< ニュース      お盆 >>