陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 06日

正月

今年も6日目に入り、今日は小寒だ。

穏やかな安曇野からはアルプスの白き山稜上に、
ここ数日の晴天を約束させてくれるウェッフェルン(雪煙)が
巻き上がっている。

山に夢中になっていたころには、暖かな部屋で正月を
迎えたいなどとは無想だに思わなかった。
暮れも近づくと山行の計画をたて雪山のなかで
新年を迎えるのが常であった。

大学を卒業して数年後、しばらく逢っていなかった
同学年の山仲間二人が家族を連れ遊びに来た。

それ以来、A氏の住むあきる野(以前は木場であったが)、
K氏の伊勢原と交代で新年会をしてくれる。
最近では彼らの後輩で、私も一度一緒に山行をした
E氏も加わり、一年分の話を語り明かす。

すでに四半世紀以上に及ぶ付き合いである。
若いころには甲論乙駁(こうろんおつばく)で、
座がしらけかけたこともあったろうが、
そんなときにも陶然(とうぜん)のなかでは
忘れてしまう。

気の置けない友らとのそれは年を重ねるごとに
酒の量も減り、それぞれの脳みそのほうも
だいぶくたびれてはきたが、新年の行事として
楽しみな一つである。

彼らの家に招かれてばかりの私としては、
最近は必ずキッチンを借り、一品料理を提供する。
なかなか好評だ。
ちなみに今回は「牡蠣の白ワイン煮」を作ってみた。

再び元気な姿での出会いを約束して別れた。
それぞれの新たな一年が始まったばかりである。

by don-viajero | 2008-01-06 19:58 | エッセー | Comments(4)
Commented by ピバ at 2008-01-07 09:48 x
一年間お互い何をして生きてきたか、時間をかけての話は尽きることなく仲間というのはいいものです。元気でいよう!
一品料理も刺激あり。E氏の手作りパンもうなるものがあり。
年頭の行事がジジババになっても続くように!
Commented by DON VIAJERO at 2008-01-07 19:34 x
私だけすでにジジになっていますが、今後とも
よろしくお願いします。
いつの日か、ババも連れ立って参加します・・・。
Commented by パーチ at 2008-01-08 16:50 x
今度は私も手作りの一品を提供できるようにしたいと思います。
新鮮な素材の確保には自信があるんだけどね。
VIAJERO 氏にはエスニックな料理を期待してます。
Commented by DON VIAJERO at 2008-01-08 19:00 x
了解!
しっかりとインドシナレシピを研究してきます!
来年はふんだんな魚介類、そしてピりっと効いたエスニック。
今からヨダレが出てきそうです!


<< メコンの国々      冬の日本酒 >>