陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 29日

ボーダー(国境)

今回三種類のボーダー越えをした。
タイ・チェンコーン→ラオス・フェイサイの水路によるもの。
ラオス・ビエンチャン→カンボジア・プノンペンの空路によるもの。
そして昨日のカンボジア・ポイペト→タイ・アランヤプラテートの
陸路である。

シェムリアプにあるツァー会社の事務所の前で
7:30発バンコク行きのツーリストバスを待っていた。
ここでは圧倒的に欧米人が多い。
しかし、横付けされた車はお世辞にも上等とはいえない
中型バスだった。
私も含め乗客たちは
-こんなボロバスでボーダーまで行くのかー
そんな顔をしていた。

効きの悪いエアコン。しかもシェムリアプを出て30分もしないうちに
土ぼこりを巻き上げる無舗装の道路がずっと続いた。
窓を開けられない状態で1時過ぎにタイボーダーに到着。
ここで全員が降り、出国手続き。タイ側のイミグレまで
歩いて行くことになる。
別にここがカンボジアとタイの国境だという線が引かれている
わけではない。この数分間が
ーオレは今国境を跨いでいるのだー
という独特な感慨に陥る。

タイ側で待機していたのは大型デラックスバス。
道も完全舗装の快適な走行であった。
夜7時を少しまわったころ、今回の旅の起点であった
バンコク・カオサンに到着した。

この日の行程はかつてパーレビ王朝時代のイランから
当時から最貧国の一つであったアフガニスタンの
国境越えの逆のパターンであった。
たった数分間歩くことでタイムマシンの入り口に入るような
もので、二つの国の違いをまざまざと知らされる一場面である。

いよいよ今宵一晩で帰国だ。
今回もさまざまな思い出を残し、楽しかった旅も
終わりを告げる。
そして私自身の非日常世界から日常世界へと戻る
タイムマシンをくぐらなければならない時が近づいた。

by don-viajero | 2008-01-29 20:17 | Thai/Laos/Cambodia | Comments(0)


<< タイムトンネル      神々の住むアンコール/Ⅱ >>