陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 30日

超短編小説 2題

それが本当にあったことなのか?誰かに聞いた話なのか?
昔、本で読んだことなのか?それとも夢のなかの出来事なのか?
あるいは‥‥???

『自己完結』
私の人生訓「自分のことは自分でしなさい」
それは厳格な母から耳にタコができるぐらい繰り返し言われ続けた。
そうすれば立派な人間となり、幸せに過ごせるというものだった。

幼いころから部屋の整理整頓はもちろん、学生時代も規則正しい
生活を送ってきた。それなりの会社にも就職できた。

しかしながらいま幸せを味わうことができない。
それは口うるさい上司がいてストレスだけがたまる毎日だ。

そんなとき脳裏にあの言葉を思い出した。
「自分のことは自分でしなさい」

翌日から私の上司は行方不明となり出社していない。

『感触』
北風がヒューヒューとわびしい冬の口笛を吹き鳴らしていた。
そんなある日、ほんのささいな口げんかをしただけだったのに‥‥。

彼女が衣装や身の回りのものを残し、突然部屋を出て行ってから、
はや一ヶ月が過ぎようとしていた。

わけのわからぬまま毎夜荒れた飲み方をしていた。
いつものように酔いつぶれ、まだ薄暗い早朝帰宅した。

マンションの鍵を開け、寝室へ入った。
冷たい風が頬を撫でる。窓がわずかにあいていた。

ベッドに潜り込もうとしたとき、毛布の下でかすかに動くものがあった。
そこには見覚えのある蛇皮のブーツが覗いていた。
-やっとオレのところへ帰ってきたのか!-
懐かしい女の脚を抱きしめた。
柔らかく、しなやかではあるがひんやりした感触。
奥へ手を差し入れ、脚の付け根を求めた。
だが、その脚は長い、どこまでも長かった‥‥。

朝もやのなかスピーカーからの声が響く。
「ご町内の皆さま。朝早くからお騒がせして申し訳ございません。
 動物園からニシキヘビが逃げ出して‥‥」

by don-viajero | 2008-03-30 13:46 | 超短編小説 | Comments(2)
Commented by riojiji at 2008-04-02 09:11 x
「忌憚なき寸評をお待ちしています」
と言うことで・・・・

まずは 本当 「超」 ですな~~(笑)
わたくしは 「感触」が気に入りましたが、最後の三行は 無い方が・・・ と思いますが・・・如何でっか?

因みに 俺は 蛇が 大嫌いです。この「文字」を見ただけで 身体が「モゾモゾ」 
ベトナムで ニシキヘビを 首に巻きつけていた あのフランス人は 「ほんま アホ」でっせ~~~~。
Commented by DON VIAJERO at 2008-04-02 19:21 x
三行はあとからたつけ加えたものです。
結論は「蛇」だと思わせていますが、
最後の「オチ」として人間の脚と同じ太さの「ニシキヘビ」と
したほうがいいかな?と思い・・・。
日曜にフォント12でA43部作を発表します。
というのは一箇所なかなか納得できる表現が
みつからないので・・・。乞うご期待のほど・・・。


<< 文章      伯母 >>