陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 07日

夢 『第二夜・留年』

卒業してまもなく大学から一通の知らせが届いた。
「精査の結果、貴殿は3単位足りず卒業を取り消します。
 よって改めて卒業するには復学届けを提出して下さい。」

-エッ?そんなバカな!-
もうアパートも引き払ったし、
就職もして、ましてや婚約も決まっている。
どうしたらいいんだろう!
とりあえず、大学の事務局へ行ってみよう。

慣れ親しんだ駅を降りると、
たくさんの学生が校舎に向かって歩いている。
しかし、そのなかに見知った顔はない。

通知を係りの者に見せ、
なんとか通信制にならないか相談していたときだ。
背後に人の気配を感じた。
振り向くと担当ゼミのA教授がいた。
「君はいくら補修をやっても卒業できませんよ!」
「どうしてですか?」
「そもそも君はこの大学の学生ではないのだから‥‥。」
「どうすればいいんですか?」
教授はニヤっと気味の悪い笑みを浮かべ、
「そうだね‥‥。もう一度受験をして入学するしかないですね!」
「そんな‥‥。嫌ですよ!また勉強し直すなんて!」
そこへ婚約者も現れ、
「私はあなたが卒業するまで待っているわ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アナタ!アナタ!起きてよ!
 会社に遅れるわよ!
 電車は待ってくれないんだから!!!」

by don-viajero | 2008-07-07 20:11 | | Comments(2)
Commented by riojiji at 2008-07-08 20:17 x
 これ読んでて ふと思ったんだけど、
俺の長き人生の中で 夢の中で 「言葉」・・・
会話する夢なんて 見たことないぞ~~~
いや あるか~~~?
今度 意識してみるかあ・・・それって夢とは言わないか(笑)
Commented by DON VIAJERO at 2008-07-09 06:27 x
人生いろいろ、夢もいろいろ!
昨夜も夢のなかでいっぱい会話あったよ!
みんなで造った宝船で出航したんだ!
そこにはギャングも出てきたし、酔っ払いの大工が
操縦していたらディズニーランドに到着したり・・・。
支離滅裂なものだったけど・・・。


<< 夢 『第三夜・猿の家』      夢 『第一夜・笑い』 >>