陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 09日

夢 『第三夜・猿の家』

里山近くに居を構えたこの辺りにも、
最近、猿が出没するようになった。
当然のごとく我が家の庭にも集団で闊歩する
姿をときどき目にする。

ある日、酷く酔ってしまい、タクシーで帰宅した。
「お客さん、今夜はかなり酔っていますね!
 ろれつもまわらないし、顔もまっかっか。
 まるでお猿さんみたいにね!」
「オレの顔がかぁ~?そぉ~んなことぉ~ねぇ~だろう‥ヒック!
 オレは顔には出ねぇ~ほぉなんだがなぁ~‥ヒック!」
車のなかを泳ぐような、酔っ払い特有の仕草で自分の顔に指を当てた。

-ピーン ポーン-
チャイムを鳴らすとドアを開けたのは、
猿のお面を被った妻だった。
「オイ!おまえ!そんなお面とってしまえ!」
「あら、あなた!かなり酔っていますよ!」
「‥そう‥かなぁ‥‥?」
手土産を待っていた子供たちが起きてきた。
「おとうさん!お帰りなさい!」
子供たちまでもがお面を被っている。
しかも、寿司の折り詰めを買ってきたつもりなのに、
中身がモンキーバナナに化けてしまっているではないか!
-こりゃぁ、だいぶ酔っ払っちまったかな?-

顔を洗いに洗面所に入った。
鏡に映っていたのはまさしく猿の顔だった。
頬を叩いてみた。
「本物だ!お面なんかじゃない!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お客さん!お客さん!起きて下さい!
 お客さんの家に着きましたよ!」
タクシーの運転手が私の頬を叩いていた。

by don-viajero | 2008-07-09 20:22 | | Comments(2)
Commented by riojiji at 2008-07-16 17:15 x
これ 最高!

猿のお面を被った妻だった。・・・
この後の会話が絶妙。

思い切り笑わせてもらいましたョ。
Commented by DON VIAJERO at 2008-07-17 06:53 x
そうでしたか?
私的にこの「夢五夜」を総括すると
10点満点で「第一夜」7点、「第二夜」6点、「第三夜」7点、
「第四夜」8点、「第五夜」9点。
といったところですか・・・・。

そういえば、最近「ウッ!」うならせるものにはちょくちょく
でく逢いますが、いわゆる「抱腹絶倒」なものに当たりません。
昔、柴田錬三郎の「図々しい奴」は全編通して大笑いしたものです。
最近(ちょっと古いが)清水義則の「大剣豪」や「やっとかめ探偵団」もの
ぐらいなものです。


<< 夢 『第四夜・CHANGE』      夢 『第二夜・留年』 >>