陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 13日

中高年登山

夏山も本格シーズンに入り、毎日のように60歳前後の
事故のニュースが流れる。なかには70歳を超える人もいるのには
驚きを通り越して呆れるばかりである。

我々が山に狂っていた時代には、同世代の人間が主だった。
そういった残党が中高年登山として、今でも登り続けているのかもしれない。
しかし、その多くは登山ツァーから始まり、深田久弥の「日本百名山」が
火をつけたことも否めないであろう。

山に登ることは一歩一歩進めれば、そう難しいことではない。
だが問題は下りだ。老化した膝が脳みそで考えているようには動かない。
結果、浮き石に乗り、こけて転落。そんなのばっかりだ。

みんなそれなりのトレーニングをして登っているのか疑いたくなる。
私は週一で10㌔ランニング等をやっている。
(このことに関しては後日「ダイエット」に絡んで記すことにするとして‥)
おかげで現在、体力年齢42歳を維持し続けている。
さりとて、危なっかしいおじちゃんやおばちゃんたちが蠢(うごめ)く山に
行こうとは思わない。これは山に冷めたのではなく、
昔のように登れない自分を容易に察するからである。

'74年夏、上高地にあった高校のBCをたち、横尾本谷右俣から横尾尾根。
岩稜が続く尾根上の岩の下でビバーグ。南岳経由で槍ヶ岳。
大勢で賑わう槍の頂上を尻目に子槍登頂。一人大の字になってトカゲ。
帰り際、遥か眼下の千丈沢目掛けて小キジを打つ。懸垂下降で降り、
先輩のいる大天荘で一泊。翌日、常念小屋から一ノ俣を下りBCへ。
おそらくそんな元気一杯な登山を出来ない寂しさが、
登ることを躊躇(ためら)わせているのかもしれない‥‥。

雑学:「アルプス一万尺」
♪アルプス一万尺 子槍の上で アルペン踊りを さぁ踊りましょう 
 子槍の上で 小キジを打てば 千丈沢に 虹が出る♪
何故、槍の頂上ではなく子槍なのか?これは槍ヶ岳の標高が3180m、
子槍が3030m。ちょうど一万尺だから。
ただし、その頂上は踊れるほど広くはない。

by don-viajero | 2008-08-13 08:05 | | Comments(0)


<< 超短編小説 『夢の途中』      街のヘリコプター >>