陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 22日

超短編小説 『笹舟』

新緑が眩しいある日、一人渓流釣りに出かけた。
若葉からの木漏れ日も踊るような陽光だった。
ただ、そんな日に限って釣果はさっぱりだ。

うらうらと気が遠くなるような長閑な午後。
一つ二つ浮かんだ雲が空の青さを際立たせている。

たっぷりと陽光を吸い取った大きな花崗岩の上に、
釣竿を投げ出して寝転んだ。
手が届く所に生えていたクマザサで笹舟を作り、
静かな流れの川面(かわも)に浮かべた。
ちっちゃな笹舟一艘だけの旅立ちだ。
しばらくはそれを目で追っていた。
そのうちウトウトと微睡(まどろ)み始めた。

瑞々(みずみず)しい緑の笹舟は、激しい流れに揉まれ、
やがて穏やかな流れの広い川辺へと出た。
子供たちが遊ぶ浅瀬では、彼らの手や足のぬくもりに触れ、
歓声と水しぶきにかき消されて気づかれることもなく、
再び川下へとゆったりと流れてゆく。

銀色の鏡のような凪いだ海原に辿りついた。
ボロボロになった笹舟は夕餉(ゆうげ)を漁る小魚に引き込まれ、
真っ黒な海底へと沈んでいった。

ブルっ!とする冷ややかな風が川面を舐めたとき目覚めた。
-あの笹舟は無事、海まで行くことができるだろうか?-

釣果のないままの帰路。
目の前に飛び込んできたのは、
流れを寸断するでっかいコンクリートの塊だった。

by don-viajero | 2008-08-22 21:40 | 超短編小説 | Comments(0)


<< 悪戯      匂い >>