陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 11日

超短編小説 『思い出』

夏の騒がしいセミたちの歌声も消え、
夜ともなれば草むらから聞こえてくる、
虫たちのどこか寂しげな羽音。

一人ススキの穂が出始めた草原にいた。

どこまでも青い空には刷毛で掃いたような雲。
光と爽やかな風ばかりが目立ち、人の気配はない。
思い出だけが私の傍らを滑ってゆく。

ギラギラ輝いていた夏の思い出は、
原野の彼方に吸い込まれ、
あとには悲しみのひとかけらだけを残していった。

昔観た映画のセリフを口ずさむ。
「香水みたいに思い出を瓶に詰めたいわ。
 蓋を開けるたび、素敵な思い出だけがそっと現れる」

突然、山から吹き降ろす冷たい風が頬をたたいた。
ススキの穂先に止まっていたトンボたちは、
必死になってしがみつく。

そして、そのとき私のなかで燻(くすぶ)っていた
あのかけらも同時に持ち去っていった。

ひとつの思い出がひとつの夏を経て、
香水の瓶に閉じ込め、
新たな旅立ちを迎えようとしていた。

by don-viajero | 2008-09-11 21:27 | 超短編小説 | Comments(2)
Commented by riojiji at 2008-09-20 17:43 x
これって 「恋」の思い出・・・かな?
まあ俺はそう採ったけど・・・と言うより全体から 感じられる『秋』の空気にピッタリかな・・・。
これは「小説」と言うより「詩」・・・そんな感じです。
Commented by DON VIAJERO at 2008-09-20 17:59 x
三十路に近い女性の失恋を書いてみました。
ススキの穂に必死にしがみつく姿を通して、
惨めさに気づき、楽しかった思い出だけを瓶に詰め、
明日に向かって歩みだす一人の女性の力強さを描きました。


<< ダイエット      分かれ道・Ⅱ >>