陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 20日

超短編小説 『安楽死・Ⅰ』

上原陽介は集中治療室のベッドの上で苦悶していた。
口には酸素マスクをあてがわれ、体中がチューブで繋がっていた。
内蔵から発せられる痛みは到底耐えられるものではなかった。
そんなモルヒネ漬けで朦朧とした意識のなかでも、
僅かな望みを賭けていた。
-いったい、純也はどうしたんだ!見舞いにも来ない!
 二人で交わしたあの約束を忘れてしまったのか?
 こんな延命処置をしたところで、どうせそう長くはないんだ!
 一刻も早くこの痛みから解放されたい‥‥。-
それは死への恐怖をはるかに上回る苦痛だった。

上原陽介と江藤純也は大学山岳部の同期であった。
卒業後、上原は商社マンとして世界を飛び回り、
江藤は大手製薬会社の研究室で新薬の開発に没頭していた。

それでも、同じ山岳会に入った二人は、暇を見つけては
ちょくちょくザイルパートナーとして、岩を求めて登っていた。
かつて、在学中の山行で穂高岳屏風岩の登攀中、滑落した。
しかし、二人とも途中の岩棚に引っかかり、
運よく軽い打撲程度のケガで助かった。

それから数年後、会として遠征したヒマラヤの登頂メンバーに
選ばれた二人は歓喜の登頂後、下山中、猛吹雪に遭い、
足を踏み外して奈落のクレパスに堕ちた。
そこでもやはり二人とも氷の棚に引っかかり難を逃れた。
その後、自力で這い上がり、無事仲間が待つベースキャンプに
戻って来たのだった。

それぞれ結婚後は仕事に忙殺され、山岳会からも退会し、
山行もままならぬまま、賀状の挨拶だけで顔を合わす
機会を持てなかった。

そんなある日、突然上原のもとへ江藤から連絡が入った。
「時間を見つけて逢わないか?話したいことがあるんだ‥‥。」
なにか悩みの含んだ誘いであった。
「わかった。なんとか時間を作ってみるよ!
 何年ぶりだろう?お前と逢うなんて‥‥!
 お前の結婚式以来じゃないか!楽しみにしているよ!
 それじゃぁ、俺のほうからまた連絡する。」
「あぁ、ありがとう!」

by don-viajero | 2008-09-20 08:13 | 超短編小説 | Comments(0)


<< 超短編小説 『安楽死・Ⅱ』      ダイエット >>