陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 20日

超短編小説 『安楽死・Ⅱ』

すっかり腹の出た二人の中年紳士は居酒屋の隅の席についていた。
ありきたりの会話が終わって、江藤が切り出した。
「最近、叔父がガンで死んだ。そのときの痛みようと言ったら、
 側で見ているのも可哀相なものだったよ!まぁ、延命治療ってやつだな!
 俺たちは運がいいほど死とは縁遠い。でもいつかは死ぬ。
 そんなとき、あんな痛みだけは勘弁してもらいたい。
 コロっと逝けたらそれに越したことはないが‥‥。
 そこでだ!俺は最近同僚から内緒ですごい薬を手に入れたんだ!」
もったいぶって彼が袋から一つのカプセルを差し出した。
「それは何の薬だ?」
小声で語らずとも店内の喧騒にかき消されるような声で、
「これは安楽死できるものだ。まだ臨床段階で国の許可も
 下りていない代物だ。まぁ、そんな薬下りるはずもないか!
 しかも死後解剖してもその成分は検出されない。」
「そんなものを手に入れてどうするんだ?」
「だからさっき話しただろう!余命幾ばくもない状態で苦しみだけに
 耐えて生き延びるのは絶対嫌だよ!お前だってそう思うだろう?」
「まぁな!」
「俺は自分の命をお前にだけは託せる。裏を返せばお前だって
 俺に託すことができるはずだ!」
-そうだ。これが山で喜びを、苦しみを、そして生死をも
 ともに歩んできたザイルパートナーなのだ!-
上原は当たり前だという顔で大きく頷き、聞き返した。
「で、そのカプセルはどちらかが持っているのか?」
「そうじゃないさ!若い頃よく訓練に行った二人だけの岩場の
 隠し場所に置く。それは俺に任しとけ!」
「おぉ!それはいいアイデアだ!」
「そんな状態になったとき、どちらかが見舞いの折、手渡すか、
 飲ませる。俺が先か、お前が先か今はわからない。どうだ!」
「わかった!お互いそれを利用しない死に方をしたいものだが‥‥。」
「ただ、これは一つしかないから早い者勝ちだけどね!」
江藤は不器用な笑みを浮かべ、ジョッキに残っていたビールを
グイっと飲み干した。

その夜、二人は逢わなかった歳月を一気に縮めるように、
次の店、次の店と足を運び、道では肩を組み合い、すれ違う人々に
はばかることなく、大声で山の歌を高らかに歌い、ハシゴして入った
店では懐かしい青春時代を大いに語り合い別れた。

それから十数年、相変わらず賀状だけのやりとりはしているものの、
顔を合わすことがなかった。

一方そのころ、江藤純也は上原とは違う病院にいた。
モルヒネを打たれ、薄れ行く意識のなかで、
-陽介はどうして来ないんだ!
 早くこの痛みから解放させてくれ!-

by don-viajero | 2008-09-20 20:33 | 超短編小説 | Comments(2)
Commented by riojiji at 2008-09-27 17:53 x

思うに 「超短編小説」は最後が肝心ですな。
笑わせてもらいましたよ。
星・・・・・・二つ半!
Commented by DON VIAJERO at 2008-09-27 20:14 x
星三つはなかなか難しいですね!
次回はちょっと捻ったものでも・・・。
構想はできているんですがね~!
それに、そろそろ旅のイエスタデーを落ち着いたら
書こうと思っています!
その『落ち着き』がトラさんのおかげで難題でして・・・・。
おかげでストレス満杯で胃が荒れ放題!!!


<< 超短編小説 『同級会』      超短編小説 『安楽死・Ⅰ』 >>