陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 23日

超短編小説 『同級会』

貞夫は小学校卒業以来、なんと70年ぶりの同級会に出席した。
毎年開かれていて、案内状もちゃんと届いているのだが、
どうも足の具合が悪く、遠出までして参加する気にはなれなかった。

会場に遅れて入った貞夫は拍手と歓声で迎えられた。
貞夫の座る席は一番の仲良しだった義男の隣に用意されていた。
集まっている面々はみな顔には深い皺が刻まれ、
つるっ禿げの者もいれば、腰の曲がった者もいる。
女性陣のなかには髪を染め、若作りをしているものの、
やはり、よる年波には隠せないものがある。
それでも、30数名いたうちの半数以上は出席しているのでは
ないだろうか?これほどにも盛況な会とは思わなかった。

グルっと周りを見渡した後、義男に尋ねた。
「あの隅のほうに座っている、見るからに若々しい女性は
 誰かのぉ?」
「あぁ、あいつ?あいつは由美子ちゃんだよ!
 いつまでも若いねぇ!」
「あれ?彼女、若くして亡くなったって聞いていたけど‥‥。」

-私は中学卒業後、ずっと県外にいて同級生とは付き合いが
 なかったけど。そういえば‥‥、確か‥‥、
 義男は三年前、ガンで逝ってしまったって噂で聞いたような‥‥?-

「おい!貞夫!来年はもっと盛大になるぞ!
 俺とお前と誠で組んでいたひょうきん三人組が揃う。
 しかも恒夫や哲也、それにクラスのマドンナ、麗子ちゃんも
 参加するらしいぞ!賑やかになるなぁ!」

-そうか!私は今年からこちらの同級会の仲間入りに
 なってしまったのか!
 そのぶん、あっちの同級会は淋しくなっていくんだろうなぁ‥‥。-

by don-viajero | 2008-09-23 07:18 | 超短編小説 | Comments(1)
Commented by riojiji at 2008-09-27 17:53 x
ま~~~~星一つ半ですな。

因みに星三つが満点です(笑)


<< 超短編小説 『占い』      超短編小説 『安楽死・Ⅱ』 >>