陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 28日

『壷』Ⅰ

-It's heads I win and tails you lose.-
「表が出ればぼくの勝ち、裏が出れば君の負け。」


骨董好きの北原照男はしみったれた暖簾のかかっている
一軒の質屋に入っていった。
番台には僅かに自毛を残したしかめっ面の主人が座っていた。
薄暗い店のなかで照男が必死の形相で古ぼけた
小さな壷を差し出し、
「すぐにでも金が要るんだ!頼むよ!
 この壷は70万で買った代物だが50万でいい!
 用立てしてください!お願いします!」
店主は胡散臭い物でも見るように、その壷を手にとり、
「私は骨董品の価値はさっぱりわかりませんので‥‥。」
「そこをなんとか頼むよ。この店でもう六軒も回ってるんだ!」
「それじゃぁ、私どものほうでも調べたいので
 しばらくお時間をください。」
「困ったなぁ‥‥。じゃぁ今は10時だ。
 昼頃、また顔を出す。
 そのときまで考えてくれ!朗報を待っているよ!」
「かしこまりました。」
そう言って店主は踵を返し出て行く北原の背中を見ていた。
-さぁ、よわったなぁ‥‥。
 たった二時間でどうやって調べりゃいいんだろう?
 まぁ、こんな訳のわからぬものは断ればいいんだ!-

by don-viajero | 2008-09-28 19:28 | 超短編小説 | Comments(0)


<< 『壷』Ⅱ      超短編小説 『占い』 >>