陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 24日

ウズベキスタン・Ⅲ

ブハラ9時発のバスは、お昼ごろ寄った大きな街で大半の乗客が降りる。
もちろん、私と後ろのほうで一緒に騒いでいた連中のほとんども
「ダ スヴィダーニャ(さようなら)!」と言って降りていく。

変化の乏しい車窓からの景色は退屈だ。
どの旅でもそうであるが、オンボロバスにガタガタ舗装は、
ちょうどよい揺りかごのようだ。静かになった車内ですっかり寝込んでしまう。
途中、トイレ休憩が数回、食事タイムのないまま3時ごろには、
サマルカンド中心街に到着。

旧市街にあるホテルまでは白タクを値切って10分ほどで着く。
外観はすばらしい12階建て高級ホテルと見間違うほどであるが、
中身はボロホテル。指定された11階の部屋も広いだけでパっとしない。
トイレのフロートは壊れ、水は夜7時にならないと出ない。
しかし、ベランダからの眺めは最高だ!
レギスタン広場は目の前に見え、横にはグル・エミルがすぐそこにある。
遥か向こうにはアフラシャブの丘が望める。ロケーションだけは抜群だ。

空腹を満たすためにホテル周辺のチャイハナに行ってみたのだが、
時間的にどこも『Closed』の看板が下がっている。
そこへ一人の青年が寄ってきて、
「どうしたんだ?」というようなことを言った。
私がボディランゲジで腹がへったことを伝えると、
「俺についてこい!」という仕草でスタスタ歩き出した。
-どこか開いているチャイハナまで連れて行ってくれるのかな?-
そう勝手に解釈し、このショコラ青年(24歳)について行った。

日干しレンガの塀にある、大きな粗末な木製ドアを開けると、
手入れの行き届いたこじんまりした中庭。
そこから招き入れられた部屋は小奇麗なしっかりしたキッチン。
彼は炒め直した、おいしいブロフ(干しブドウの入った羊肉ピラフ)を
馳走してくれた。食後には『ネッスル』のインスタントコーヒー。
お礼にお金を差し出したのだが、受け取ろうとはしない。
白い小型犬を抱いた彼の写真を撮り、住所を聞く。
十分なお礼を述べ、別れる。

はたして、われわれ日本人はどうであろうか?
街でこのような場面に出くわしたとき、言葉も解らぬ異邦人を
ここまでして、家に招き入れることができるだろうか?

この街に着いて、早速のもてなしにすっかり気分を良くした私は
足取りも軽く、ルンルンでホテルへと戻った。
1階にあるバーを覗くと冷えたビールがあったので、部屋で飲むことを
伝え、買い求めるとバーテンダーが、
「これも飲んでいけ!」とおまけでウォッカのシングルをカウンターに
差し出してくれた。グイっと飲み干し、
「スパスィーパ(ありがとう)!」

-すばらしい青年のいる街。
 なにか、もっと素敵な出来事があるかもしれない!この『青の都』で!-

そんな期待を膨らませてサマルカンドの夜を迎えた。


*レギスタン広場‥レギは砂、スタンは広場。3つのメドレセ(神学校)に
         囲まれた美しい広場。

by don-viajero | 2008-10-24 21:12 | Uzbekistan | Comments(0)


<< ウズベキスタン・Ⅳ      ウズベキスタン・Ⅱ >>