陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 28日

ウズベキスタン・Ⅳ

翌日、早朝の行動は前述(Ⅰ)の通りである。

ホテルへ帰り朝食を済ませ、再び表に出ると、
レギスタン広場へ向かう道は歩行者天国になっており、
広い通りの両側の歩道には露店があふれている。
警官らしき人も大勢いる。なにかあるらしい。
広場に入るのに警官のチェックがあったのだが、簡単に済んだ。
そこにはきれいな衣装を纏(まと)った子供たちがたくさんいる。
テレビ局の人間もディレクターらしき女性も。
次第に広場を見下ろすために用意された席が埋まってくる。
そこへ土産物の兄ちゃんが私の横に座り、英語で説明してくれた。
『サロン・マリク』の祭り。どうやらイスラム暦、新年のお祝いのようだ。
10時ごろ、どこの国でも同じように長ったらしいサマルカンド市長の
挨拶があり、ようやく踊りが始まる。子供たち、若い女性たちの
目にも鮮やかな民族衣装を着飾った人々でステージは一杯になる。
コリアンの深紅の衣装での踊りもあった。
それぞれの色はおそらく、ウズベクの各民族を表しているのであろう。
思わぬイベントを見ることができラッキーであった。
f0140209_2019646.jpg

二時間ほど見入ってその場を去り、旧市街にある名所・旧跡を見て回る。
バザールではおいしい漬物やオレンジ、焼きたてのナンを
買い求めながら、そこで働くおっちゃんやおばちゃんたちとの
訳のわからぬ会話で楽しむ。

広場に戻るころには、空には雷が鳴り響き、ポツポツ降り始める。
朝の賑わいはどこへやら。人波の途絶えた通りはアイスクリームの
紙やらもろもろのゴミが、無秩序な風に弄ばれるように飛び交っている。
そそくさとホテルに帰り、部屋に入った途端土砂降りの雨。
危機一髪であった。
10日間のウズベキスタンで唯一の雨降りだった。

by don-viajero | 2008-10-28 20:29 | Uzbekistan | Comments(0)


<< ウズベキスタン・Ⅴ      ウズベキスタン・Ⅲ >>