陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 01日

ウズベキスタン・Ⅴ

昨夕の雷雨が、すっかり空の塵を洗い流してしまったような
真っ青な空。まさに『青の都』に相応しい天気だ。
青空の下、ブルーのドームがあちこちで輝いている。
どこからともなく聞こえてくるコーランの祈りに、暫し耳を傾ける。

ゆっくり朝食をとり、部屋のベランダから辺りを眺めていると、
下からあの青年・ショコラ君が大きな声でこちらを見上げている。
表に出て彼と彼の友だちたちとロシア語を交えて話す。

この国に入国して、ぜひとも購入したいものがあったので、
どこか手に入るところがないか尋ねると、
新市街の遊園地近くの店ならあるかもしれないと教えてもらった。
彼らと別れ、観覧車が見える場所までくると、洒落た店舗が並んだ一角に、
私が求めていた帽子が見つかった。
それまでの街中で売られていたものよりはるかに良品だ。値札$17。
いつものように値切ってみたのだが、一銭たりともまける気配なし。
すっかり気に入ってしまったので、値の通り買い求めた。
一人、その帽子を被り悦に入る。
これは今でも冬になれば愛用している代物だ。

再び旧市街に戻り、昨日見学できなかったレギスタン広場の
メドレセを見て歩く。
その後、裏道を通り抜け、バザールへ向かう途中、
子供たちに写真をせがまれ、そのままその子たちの家に招かれる。
なんとおばちゃんたちがテーブルにご馳走を並べ、
昼間からシャンペンで酒盛りをしているではないか!
仲間に入れてもらい、すっかり馳走になる。
f0140209_19293677.jpg

さすが遊牧民の末裔である。さしづめ
私はもてなされる客人になったのだ。
おばちゃんたちに囲まれ、
訳のわからぬ茶話に花を咲かせる。
二時間ほど酒宴のお供をしていた
だろうか?彼女らに別れを告げ、
再びアフラシャブの丘に登る。

夕闇のせまる美しい街。
沈みゆく太陽に照らされ光り輝く青のドーム。
さきほどの家族との触れ合い、そしてショコラ君の歓待。
非日常的な素敵な出合い。
あらためて遠く古のシルクロードへ、サマルカンドに来たものだと
身にしみて感じるひとときである。

この街の空気を支配している独特な香辛料の匂い。
シャシリクを焼く店から立ち上る煙。
各々の店に並ぶいろいろな品物、集まる人々の容姿、装い、
飛び交うさまざまな言語。そこは民族のるつぼと化したバザール。

すべてが蠱惑の香るシルクロードなのだ。

by don-viajero | 2008-11-01 19:51 | Uzbekistan | Comments(2)
Commented by riojiji at 2008-11-02 06:47 x
ちょっと見るのをご無沙汰してる間も、ウズベキスタンの旅は続いてました。
コーヒーを飲みながら 今、一気に読みました。
ショコラ君の話は 初めて聞く話でしたよ・・・
さすが「遊牧民」の末裔・・旅人を大事にするんですねえ。日本では・・
と書いてありましたが、東北の何処かの地方都市で 旅人に気軽に声をかけて食事はもちろん泊めてくれるオバちゃんがいる・・なんて記事読みましたよ。
遊牧民のそれとは ちょっと違いますが、うれしい記事でした。
さて この「旅シリーズ」 暫らく続くのかな~~?
読者としては このまま終わらないで欲しいのですが・・・
Commented by DON VIAJERO at 2008-11-02 07:44 x
とりあえず『ウズベキスタン』はこの回で終わりにします。
旅の記録を丸写しにすれば、次のタシケントでの出来事、
帰途に寄った韓国ソウルの思い出。
たくさんありますが、どうもくどくどしてきそうで・・・。
他のことは折に触れ紹介していこうと思っています。
次回の『グアテマラ』シリーズを乞うご期待!
(いつになるやら・・・・・・?)


<< 超短編小説 『手術室』      ウズベキスタン・Ⅳ >>