陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 05日

超短編小説 『面影』

旦那とは大学卒業後、すぐに結婚したの。
友人たちも羨む『いい男』だったわ。

生まれてきた男の子は目、鼻、口、どれをとっても旦那似。
私に似ているとこなんかまったくなかったのよ。
世間では「男の子は母親に似てくるよ!」って言ってくれるけど‥‥。

小学生になると仕草や癖までが旦那そっくり。
中学生になって変声期が過ぎると、
声までが旦那と間違えるほどになったわ。

息子17歳。バリバリの高校生。
若かったころの旦那に逢えることを秘かに期待しているの。
-ひょっとして息子に恋をしてしまうかもしれない!-
そんなバカなことまで真剣に思ってしまうぐらい、
『いい男』になっていくの。

だって、『いい男』の横で大口を開けてご飯を食べている
昔の『いい男』・メタボ旦那は頭が禿げ上がり、
今は見る影もないんだもん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女房とは学生時代同じゼミで知り合い、
卒業後すぐに結婚した。
友だちはあまりの『いい女』にヨダレを垂らしたもんだ。

二番目に生まれた長女は未来の彼女を彷彿させるに
十分に可愛かった。射止めた愛しい女房そっくりだった。

成長するにつれ益々母親に似てきた。
まわりの者、誰にでも好かれ、活発ではあるが
控えめのツボも心得ている。
まるで幼かったころからの女房のアルバムを
順を追って見ているようだ。

まさに『番茶も出花・Sweet-Sixteen』を謳歌している。
成人してから一緒に街を歩くのを今から楽しみにしている。
ただ、顔立ちや性格も女房そっくりな、そんな娘に心配ごとがある。

それは『いい女』の横で飯をぞんざいに食っている、
すっかり幸せ太りの元『いい女』と見比べてしまう‥‥。

by don-viajero | 2008-12-05 20:47 | 超短編小説 | Comments(3)
Commented by riojiji at 2008-12-14 10:31 x
お互い、こう感じるのも「愛情」は落ちてる様で落ちてない・・・

構成は良いけど・・・俺的には 星一つ半・・・・・・ですなあ。
Commented by DON VIAJERO at 2008-12-15 06:49 x
ちょうどNHKラジオで特集していた話題から作ってみました。
初めは女性の立場からでしたが、ついでに対で表現すれば
面白いかな?と思い・・・。
もっと捻ったほうがよかったかな???
Commented by riojiji at 2008-12-21 07:20 x
いや、十分に捻ってあるんだけど・・なんか 新鮮さに欠けてると言うか・・
どこかで この類の話を 聞いたか読んだか忘れたけどあった様な・・・
てな 訳で 星一つ半。構成は 星二つ半!


<< 記憶力      あだ名 >>