陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 29日 ( 1 )


2008年 02月 29日

月日

私の身近に今日誕生日を迎えた人がいる。
閏年以外の年はいつ誕生日としているのだろうか?
理屈からいえば、2月28日の翌日が誕生ならば
3月1日であるが、彼は決して3月生まれではなく
2月生まれだ。今度聞いてみよう!

子供のころ、月の大小を覚えるのに「ニシムク士(さむらい)」
などと小の月を唱えたものだった。
2月は28日(閏年は29日)しかない。他の月は30日か31日なのに、
2月だけはなぜか日数が少ない。それはどうしてなのか?
そこで手持ちの本のなかから調べてみた。

-現在、我々が使っている暦はユリウス・カエサル(シーザー)が
紀元前46年に作った「ユリウス暦」がもとになっている。
それ以前のローマ暦では現在の3月(マルチウスの月・March)が
年始めの月で、4月(アプリリスの月・April)、5月(マイウスの月・
May)‥‥‥と続き、2月(フェブルアリウスの月・February)が
最終月となっていた。
カエサルは改暦にあたり、一年を365.25日とし、4年に一度
閏年を設け、さらに最初の月(マルチウスの月)から各月の日数を
31・30・31・30‥‥‥と定めた。
そうすると最後の月(フェブルアリウスの月)は29日(閏年は30日)
になる。そしてそれまで11番目の月であった「ヤヌアリアスの月」
(現在の1月・January)を年始めの月に改めた。
したがってそれまでは最後の月であった「フェブルアリウスの月」が
2番目の月、すなわち2月になった。
さらにユリウスは自分が誕生した月=7月を自身の名にちなんで、
「ユリウスの月・July」という名に変えた。
ユリウス暦では8月は「セクスチリアスの月」と呼ばれていて
日数は30日だった。その後、アウグストゥス帝が8月を自分の名に
ちなんで「アウグストゥスの月・August」と呼び名を変え、さらに
2月から1日とって31日とした。かくして2月の日数は28日
(閏年は29日)となった。-          日本雑学研究会著

ちなみに、英語で閏年=a leap year、「2月29日」=a leap day
となる。これは365日(52週1日)だと翌年の曜日が1日ずれるのだが、
一つとんで2日ずれるからである。

ついでに、3月14日/ホワイト・デーに若い二人が結ばれた。
そのとき身ごもった子はいつ生まれるであろうか?
‥‥‥答えは12月24日/クリスマウ・イブである。(アバウトで)

by don-viajero | 2008-02-29 20:16 | エッセー | Comments(0)