陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

2017年 01月 13日 ( 1 )


2017年 01月 13日

シャシリク追記

“シャシリク”はカフカス地方の“ケバブ”が、旧ソ連各地域・
各国などの全域に広がったとされている。
“シャシリク”に用いる肉は、本来イスラム教に由来してラムや
マトンの腎臓や肉であったが、各地に広がり牛肉、豚肉、鶏肉から
魚肉までと様々な肉類で、それぞれの地域の宗教や伝統に応じて
食べられるようになった。

ウズベキスタン等の中央アジアでは、バザールや屋台で盛んに
食べられている、いわばファーストフードである。
f0140209_1882289.jpg

’98 / 3 / 21 ウズベキスタン・サマルカンドの街中での食事
≪写真をスキャンし、メモリーに移動し補修を加えた一枚≫
f0140209_18113262.jpg

≪同≫お隣のテーブルにいた方に撮ってもらった一枚。
旨そうにシャシリクにかぶりついていますね!(笑)

記録には、この食事代は250C≒175円とある。
【シャシリク(シシカバブ)+プロフ(炒飯)+チャイ(お茶)】

by don-viajero | 2017-01-13 18:48 | ◆旅/全般◆ | Comments(0)