「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 06日 ( 1 )


2017年 02月 06日

SAHARA/Ⅱ

およそアフリカ大陸の1/3近くを占めるとされている、広大な
サハラ砂漠のたった一つの地点ではあるが、このとき私はまさに
「Standing Alone!」だった‥‥。

私がこの場所で見た生物はフンコロガシぐらいだ。それでも、
地平線の遥か彼方まで続く砂だらけの道なき道を、ラクダに
乗り横断を試み、命を賭した若き上温湯隆君ばかりか、毎年の
ように、ある者は自動車やバイク、自転車、歩いてリヤカーを
引いて不幸にも尊い命を落としてしまう旅人たち‥‥。
f0140209_1916582.jpg

f0140209_19162521.jpg

数多くの旅人を魅了し、呑み込んできたサハラではあるが、
そんなあまりにも意味のないような彼らの行為が、この場所に
一人静かに立ってみると、妙に納得できるから不思議だ‥‥。
そして、そこにはまたいつの日か、この場所に戻りたいと思う
己がいるのだった‥‥。
f0140209_1918286.jpg
『メルズーガの村まで下りて振り向いた砂丘』
f0140209_1919584.jpg
土産用に持ってきた『サハラの砂』 
f0140209_1919531.jpg
『上温湯隆の手記』

by don-viajero | 2017-02-06 19:22 | Maroc | Comments(0)