陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ずくの会(米作り)( 79 )


2016年 03月 21日

春の狼煙

それは、2016年「ずくの会」の作業開始の合図だ!
f0140209_20343291.jpg

仲間のH氏と、彼の息子さんにも手伝ってもらっての土手焼き!

至る所に水を汲んだバケツやジョロを用意して点火!
乾いた枯草はバチバチ燃えてゆく!
春を迎え、虫駆除の大事な作業だ!

蓮華田には開花を待ち受ける蓮華の葉っぱが元気よく育っている。
f0140209_20353417.jpg


by don-viajero | 2016-03-21 20:36 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 12月 22日

'15餅つき

12月19日、昨年より多めの20k・5臼での餅つき
今年度最後の集まりには、子供たちも含めて総勢17人が
集まった。
f0140209_19291113.jpg

f0140209_19293581.jpg

f0140209_19301272.jpg

やはり昨年、K女史に少なすぎると指摘されたヨモギは
倍用意したおかげで、いい色の草もちに仕上がった。

by don-viajero | 2015-12-22 19:33 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 11月 16日

ザ・秋刀魚寿司

f0140209_18183771.jpg

昨日、東屋でやった「ずくの会・収穫祭」のとき、私が提供したものだ!
その数、で~んと30貫!!!

乾杯を交わし、来年の新規計画を発表した。
遊休地の蓮華米用田ともち米用田の借上げが決まり、もっと多くの
収穫が期待できるのだ。しかも両方の田んぼとも、現在耕作している
田の近くで作業の効率性もいい。

とりあえず、両田の秋起こしと肥料蒔きを次の土曜に行うことも決定!
そして、12月の餅つきで今年度の「ずくの会」の活動は修了する‥‥。
         

by don-viajero | 2015-11-16 18:32 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 10月 11日

'15 脱穀・Ⅱ

本日予定だった脱穀作業
f0140209_12583139.jpg
ハゼ倒壊で単管の先が曲がり、三脚もへし折れてしまった】

一昨日の天気予報で、日曜の午前中がヤバかったので、
急きょ昨日脱穀した。

突然の変更で作業参加者が少なかったものの、夕方4時
少し回ったところですべてが終了した。

蓮華米全体の収穫量は30k籾袋で昨年より2袋+10k減。
もち米もやはり13k減。

8月下中からの長雨が災いしたのだろうか‥‥?

by don-viajero | 2015-10-11 13:02 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 10月 06日

'15 脱穀・Ⅰ

脱穀予定日の日曜(11日)、たくさんの仲間が集合したところで、
もち米を含めすべてのハゼ掛け米の脱穀を、一日で終了させる
ことは不可能だ。

そこで、本日脱穀作業できる者たちだけが集り、比較的倒壊被害の
少なかった東田を、ハーヴェスターの調子をみながら脱穀した。
f0140209_19201748.jpg

あの爆弾低気圧が過ぎ去ってから、好天に恵まれ、田んぼも
すっかり乾いているから作業も楽ちんだ。

毎回のことではあるが、農業機械(田植え機・稲刈りの
バインダー・脱穀のハーヴェスター)は1年に1回だけ
引っ張り出して動かすことだから、無事動いてくれるものか?
大いに心配の種である。ましてや我々の農機具は無料や
廉価で譲り受けたものだから、なおさら不安なのだ。

幸い今回は‥‥問題なく働いてくれた!

by don-viajero | 2015-10-06 19:24 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 10月 02日

爆弾低気圧

本当は明日、ハゼ掛けをしてあるすべての田の脱穀予定だった‥‥。

早朝6時前、I氏から携帯メールが入り‥‥間髪入れずH氏からの
携帯電話が鳴り響く‥‥。
「昨夜の大風でハゼが‥‥」

ベッドから離れ、急ぎ着替えて車で田んぼへと向かう‥‥。

手の空いている者たちだけでハゼのかけ直しをしなければ‥‥。
f0140209_20305720.jpg

f0140209_20311750.jpg
9月20日稲刈り後のハゼ掛け
f0140209_20315783.jpg
脱穀は順延だ(>_<)

by don-viajero | 2015-10-02 20:33 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 09月 20日

'15 収穫

f0140209_2110229.jpg
一週間前に蒔いた蓮華の種はしっかり芽吹いていました!

朝、昨年度バインダーの刈り取り作業の際、気になっていた
ことが、案の定トラブルに見舞われ、どうなるのかと思ったが、
毎度お世話になっている主治医に運び込み、1時間ほどで回復!
その後は順調に作業が進み、午前中で1反3畝の刈り取り・
ハゼ掛けを済ませ、昼食は仲間の息子さんが造ったピザ窯で焼いた
本格ピザで大宴会!!!
f0140209_21162666.jpg

f0140209_21164722.jpg

ひょっとしたら、今まで最高の人数が作業に参加してくれたのかも
しれない。仲間のJ嬢の旦那、東京から馳せ参じた彼女の義弟と
息子さん(保育園生)。昨年までここ安曇野に暮らし、東京に
転居したが、いまでもメンバーであるN氏と助っ人友人N氏etc。

2週間後はハーベスターで脱穀だ!期待あり!!!

by don-viajero | 2015-09-20 21:18 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 09月 12日

’15 もち米稲刈り・ハゼ掛け&蓮華種蒔き

今日は、かねてより予定していたもち米の稲刈り日

初めて聞いた気象用語『線状降水帯』。
それは関東・東北河川の堤防を決壊させ、あまりにも甚大な
被害をもたらして去っていった。

それ以前から長いこと居座っていた秋雨前線も気をもんでいた
のだが、ようやく、天候も落ち着き絶好の稲刈り日となった!

f0140209_17453932.jpg
空はすっかり秋姿
f0140209_17461318.jpg
刈り取りを待つ稲穂
f0140209_17464971.jpg
ちょっとぬかるんでいた田んぼ
f0140209_1747348.jpg
少人数での作業だったが、蓮華蒔きも無事終了

by don-viajero | 2015-09-12 18:41 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 07月 11日

生育&青い蛙

ひょっとしたら、昨日お日さんを見たのは7月に入って初めて
だったのではないだろうか‥‥?改めてこんなにも空が青く、
太陽の光が眩しいことを思い出させてくれるような、そんな
一日だった‥‥。
f0140209_18132259.jpg

しかも今日土曜日は、2日続きの晴天。梅雨明けを思わせるような
スカッと晴れ渡った青空の下、気持ち良く作業をし、汗を流す。
そして、この日すべての田に追肥(菜種油かす)を行った。

手分けしてもち米田の草取りと、刈払機でもち米田はもちろんのこと、
蓮華田の南田・北田・東田すべての田の畔草刈り作業。
9月中旬、もち米の稲刈り作業までみんなが集まるのはこれが最後だ。
あとは8月下旬、数人の男衆だけでやる予定のすべての田の畔草刈り。

我々の地域では、今のところ梅雨に入ってから大降りの雨になることは
なかったが、如何せん日照時間が少ない。遅れていたと思っていた
もち米(5月16日田植え)はここ数日で一気に伸びたものの、一週間
遅れての田植えになった蓮華米の成長が気がかりだ‥‥。
f0140209_1814764.jpg

もち米田の水管理を委ねているS夫人が見つけた青いアマガエル。

by don-viajero | 2015-07-11 18:18 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 06月 16日

幼虫

今シーズン、例年より一週間ほど遅い田植えをしたもち米田の
草取りは、3回ではなく1回おろのいて(やらずに)2回に
しようということになった。

その第1回目の草取りに合わせ、持ち寄った数台の刈払機で
もち米田や蓮華田の畔草刈りも済ませ、そのあとのご苦労会は
焼肉会を計画した。

先週(13日)の土曜当日、8時半集合の20分ほど前に段取りを
兼ね、もち米田に出向くと、毎朝の水管理を頼んでいる仲間の
S夫人が畔際にしゃがん(座り込む)で何か探していた。

「おはようございます!何か探しているんですか?」
「今日は畔草刈りもするんですよね!?」
「そうですよ!」
「ここに生えているセリの周りに、かなり大きくなった
 アゲハ蝶の幼虫が3匹いるんですよ! 可哀想だから箱に
 移して、刈ったあとまた戻してやろうと思って‥‥」
f0140209_18223411.jpg

きっと、そんな優しい心持ちが、美味しいもち米を育ててくれて
いるのだろう!
Sさんご夫婦の作業参加、毎朝の水掛ご苦労様です!そして
ありがとうございます!!!

by don-viajero | 2015-06-16 18:29 | ずくの会(米作り) | Comments(0)