陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ずくの会(米作り)( 79 )


2015年 05月 23日

'15 蓮華田の田植え

f0140209_20282586.jpg
手前の起こしてあるところは、昨年から借りた土地
(資材置き場ハウス用)にスイートコーンを蒔いてみた。

代かきのときの試験運転には、一発で動いてくれた4条植え機
当日の今朝動かない!3人交代でやっても駄目‥‥。さぁよわった!

タダで貰ったり、安価で購入した機械で、いままで唯一修理の必要が
なかった優等生の田植え機。頭を過ぎったのは、
-みんなで手植えかな???修理にまた金がかかるなぁ??-

一年にたった一回しか必用のない「田植え機」や「バインダー」、
「ハーヴェスター」。でも、こいつらが動かなければ困るのだ!

そんな田植え機も、ちょっとだけ「へそ」を曲げただけで、十数分で
快調に始動し、その後も順調に働いてくれた。感謝!感謝!!

昼少し回ったころ、すべての蓮華田の手直し植えも終り、今日の作業は
小宴会で御ひらき!次回もち米田の草取りやすべての田の畦草刈を
兼ねて、焼き肉会の提案があり、みんな諸手を挙げての大賛成。

さぁ~て、次の楽しみに向かって段取りしますか!

by don-viajero | 2015-05-23 21:08 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 05月 20日

'15 代かき

f0140209_20352551.jpg
東田の代かき

帰国中、もち米田の代かきに参加してくれた後、再びセネガルへと
旅立って行ったK氏から、以前こんなことを言われた。
「Mさん、それぞれの田んぼを理解し、自分のものにするまで
 5年はかかりますよ!」

休耕していた南田・北田を耕作して4年目を迎え、大分馴染んで
きたものの、やはり長いこと休耕し、昨年から再開した東田の
代かきは苦労する‥‥。
f0140209_20482149.jpg
土の中から這い出てきた沢山のオケラたちも、喜んで泳ぎまくっている。
いよいよ今週土曜日、一斉に蓮華田の田植え作業だ!

by don-viajero | 2015-05-20 20:49 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 05月 17日

事業拡大?

昨日のもち米田植えとは、打って変わっての好天気。

茨城へ単身赴任していたH氏が、3月末に定年を迎え今年度から
フル参加。しかも氏所有のトラクターも修理を終え、三台で南田、
北田、東田それぞれ田起こしが出来るので、午前中で終了した。
f0140209_18174097.jpg

もち米の手植え作業
f0140209_1818516.jpg

もう一台はちょっと離れた東田で作業

休憩時間に誰からともなく出た話。
「この下の田んぼ、最近何にもしていないよね!?」
「二枚で一反(300坪)はあるかな?」
「地主さんに掛け合って借りようよ!」
「近所の人だから、多分借りられると思うよ!」
「土曜日、蓮華田の田植え作業のとき、みんなに相談してみよう!」

私もすっかり兼業農家になってしまっている‥‥。

by don-viajero | 2015-05-17 18:22 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 05月 16日

いよいよ始まった!

本日5月16日、2015年「ずくの会」の農作業も始まった‥‥。

例年なら4月中旬の種蒔きに、ほとんどのメンバーが師匠の
作業場で顔を合わせてきたのだが、今年度はこれまでの段取りを
手の空いているメンバーだけで済ませてきた‥‥。
f0140209_19545492.jpg

小雨の降るなか、もち米の手植え作業に集った仲間は総勢12名。

ご苦労会は新たに作ったトラクターハウスのなかで、昨年暮れ
餅つき以来の再会に大いに盛り上がった。
さぁ!今年もがんばろう!美味しいお米と大収穫を目指して!!!

by don-viajero | 2015-05-16 20:00 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 05月 09日

不思議発見

朝、ハウスですくすく育っている苗を撫でに行った‥‥。
f0140209_20425454.jpg

目を凝らして見れば、緑のなかに数本白いものがある。
アルビノだ!
確率的に、これだけ多くの種に紛れていても不思議なことではない。
でも、ボクにとっては不思議発見だ!

いずれ枯れてしまうことだろうが、生れて初めて見た現象だ!

by don-viajero | 2015-05-09 20:45 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 05月 03日

育苗

種籾の講習会に出てはみたものの、あまりにも温度管理が難しい
そうなので、とりあえず今年度はJAから芽出し育苗箱を購入する
ことにした‥‥。

5月1日、4月28日に種まきを済ませた育苗箱35枚を、師匠から
払い受け、仲間(J嬢)の畑地に作り直したハウスへと搬入完了。
f0140209_12254684.jpg

搬入したときは白い芽だったのに、これは2日後の今朝の状態。

田植え予定の5月23日まで、管理はJ嬢にお任せだ。
27年度「ずくの会」の米作りも、いよいよ8日もち米田の田起こしから
作業が始まる。

by don-viajero | 2015-05-03 12:33 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2015年 03月 19日

講習会

数十年来、運転免許センターで一方的に受けざるをえない5年おき
(ゴールド)の免許更新時以外、講習会と称する会に出席することは
ほとんどなかった‥‥。

唯一思い出すのは、いまではすっかりセピア色に褪せてしまったが、
後味の悪い記憶だけが残っているものがある‥‥。

長女がまだ小学校高学年のころ、地区の育成会役員を任じられた
初回会合で、県委託の指導員資格を得るよう命じられ、その講習会に
出席したことがあった。

午前中3時間講習終了後、手当てとして1,000円入りの封筒を渡された。
帰りがけ、頭に来た私は受付で
「ふざけんな!講師は数万円の報酬をもらい、あんたら職員は
 給料ももらい、俺たちは仕事を休んで来ているっていうのに、
 交通費名目での小遣い銭でこれだけかよ!
 こちとら地区の奉仕活動でやっているんだぞ!
 はなからこんな端金、貰うつもりなんかねぇんだよ!!」
そう言って封筒ごと投げ返して出てきた‥‥。

80歳を過ぎても、独りで2haあまりを耕作していた師匠が、昨秋
収穫を終えたころ体調を崩してしまい、農業を辞める決意後、
農機具類はすべて農協に売り払ってしまったのだ。

種まきを手伝う代わりに、我々の苗も管理してもらっていたのだが、
これからは種籾購入から始めなくてはならず、何も解らない私たちは、
代表として私と若いJ嬢とでJA主催の育苗講習に出席したのだった‥‥。
f0140209_1985324.jpg


by don-viajero | 2015-03-19 19:16 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2014年 12月 16日

’14 餅つき

14日の日曜日。『ずくの会』今年度最後の顔合わせイベントだ。
夜から降り出した雪は、15cmほど積もりはしたが、朝には
止んでくれた。I氏と早めにお寺に行き、雪かきを済ませ準備する。
来年の主役が二匹、のんびりと散歩をしながら、新雪の中に顔を
突っ込んで草を食んでいる。
f0140209_18174350.jpg

収穫したうちのもち米15kを使って、一臼3kずつ。
白もち二臼、豆もち(黒豆)一臼、キビもち一臼、(春、採って
冷凍しておいたヨモギで)草もち一臼。計五臼をつく。
f0140209_18184922.jpg

f0140209_18195478.jpg

お寺の調理場を借り、大広間で今年度を締めるご苦労会だ。
f0140209_18213580.jpg

つきたてのおもちでお雑煮はもちろんのこと、ダイコンおろし、
あんこ、きなこ、春巻きにチーズ・大葉・もちを包んでフライパンで
焼いた新作料理(DONさん作)。みなさん、ご苦労さまでした!!!  

by don-viajero | 2014-12-16 18:32 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2014年 11月 10日

新米

f0140209_18215453.jpg

精米したばかりの新米は、なんのおかずを伴わなくとも、
それだけで口のなかにじわ~っと美味しさが伝わってくる。

仲間と一緒に2011年から作り始めた蓮華米(コシヒカリ)。
今年のものはとりわけ美味しかった。毎年、お米の出来具合に
関して辛口評論家であるカミさんもべた褒めである。
お裾分けした方々からも、社交辞令を差し引いても絶賛であった。

30k籾袋で2011年は31袋、2012年30 袋、2013年27 袋、
そして今年は22袋の収穫であった。今年何故少なかったかの
原因は判っている。田植え機の調子が悪く、植え付け自体
少なかったのだ。

ただ、どうしてこんなにも美味しいお米になったのか‥‥?
次の日曜は、仲間たちと東屋で反省会を兼ねて収穫祭である。

みんなで考えてみよう!

by don-viajero | 2014-11-10 19:18 | ずくの会(米作り) | Comments(0)
2014年 10月 05日

'14 収穫

今日が脱穀予定日だった‥‥。

振り返れば、もち米の稲刈り・ハゼ掛け当日数日前から、
長いこと雨らしい雨が降っていなかった。

金曜日夜。とんでもなくどでかい台風の影響で、我々の
地方でも、日曜朝から雨降りになる予報が出たのが夜7時の
ニュース。急遽脱穀作業の変更メールを仲間に打つ。
たとえ少ない人数であっても終わらせてしまおうと‥‥。

作業開始一時間も過ぎると、三々五々集まってきた仲間は
10人ほどになっていた‥‥。
f0140209_163495.jpg

ハーベスター(脱穀機)の調子も良く、蓮華米、もち米、
すべてのハゼ掛け米の脱穀が終了し、片づけが終わる頃には、
辺りは暗くなり始めていた‥‥。

by don-viajero | 2014-10-05 16:40 | ずくの会(米作り) | Comments(0)