陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:男の料理( 233 )


2016年 08月 12日

夏バテ解消丼

f0140209_17284415.jpg

以前紹介したが、カミさんは夏野菜が苦手だ‥‥。

特にトマトとナス。
だから、ナスなんか夏だって滅多に食卓に載らない。

先日、知り合いから沢山のナスを貰ってしまったと、
大量のナスが食卓テーブルの上に並んでいた‥‥。
「大丈夫だよ!オイラが食べてやるよ!」

カミさんとは別メニューで、朝の味噌汁やウィンナーと
一緒に焼きナス。

そして、食欲がないときにも驚くほどご飯が進む
「ナスと挽肉の豆板醤炒め」だ!
材料:ナス・1本、挽肉・80g前後、サラダ油・少々、
   ニラ・2本
調味料:豆板醤・砂糖・醤油・各大さじ1、
    調理酒・みりん・各少々

作り方
ナスを半分に切り斜め乱切りし、油を塗したフライパンで
しんなりさせ、3㎝ほどに切ったニラと挽肉を加え、挽肉に
火が通ったら調味料を加える。
あとは暖かいご飯に載せ、朝どりの茗荷を塗して出来上がり!

実質100円以下丼だぁ!!!

by don-viajero | 2016-08-12 18:27 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 08月 08日

ハラス丼

f0140209_18392659.jpg

自称『グルメスト』の叔父から、半分干からびたような
パサパサした北海道は函館土産(裏書にはアメリカ産
の表示だったが‥)のハラスを頂いた‥‥。
(ハワイ土産に韓国産チョコを貰うようなもんだ)

やはり以前、石巻土産に
「お前はトロが大好きだから買ってきてやったぞ!」
関取のような太鼓腹を揺らしながら、勿体ぶって
差し出されたものは、ギトギトに脂ぎった
トロびんちょうの塊(かたまり)だった‥‥。

母(叔父とは字の如く母の弟)に
「叔父さんって、B級グルメストというか‥‥。
 タダの大食いだけじゃないの‥‥?」
今回、そんな思いを改めて確信した次第である。

捨てるのも気が引けるので、ちょっと手を加えて
ハラス丼を作ってみた。

フライパンにたっぷりとオリーブオイルを入れ、
食べやすい大きさに切ったハラスを焼き、しっかり
焼き込んだら弱火にし、調味料Aを加え、さっと
混ぜ合わせ、ご飯に載せ刻みのりと刻み大葉2枚分
(我が家の)を塗す。

それなりに美味しく食べられたが、まだ数本残って
いるから、次回はこの要領で最後にで~んと
真ん中にイクラを載せて親子丼でも作ろうかな?

調味料A:みそ・大さじ2、醤油・調理酒各大さじ1、
    刻みニンニク・1片

by don-viajero | 2016-08-08 19:27 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 08月 02日

真夏のコトコト料理

倒木のおかげ?で大量に確保した薪は、風呂の兼用釜に
使用する薪以外、様々な用途を見つけている‥‥。

冬場は室内の灯油ストーブでコトコト料理ができるが、
暖かくなれば、そんなことは不可能だ!

そこで一斗缶を改造して作った調理用コンロがこれだ!
f0140209_182075.jpg

屋外で細かな枝や短い薪を焚き、コトコト煮込んだキーマカレー
基本的には材料等以前のものと大差ない。
f0140209_18231141.jpg

最後にフライパンを載せ、残り火で捏ねたナンを焼く!

私が存命中、起こるか起こらないか定かではないが、いつか来るで
あろう大災害(フォッサマグナ大地震???)に備えての予行演習を
兼ねてでもある‥‥。

by don-viajero | 2016-08-02 18:56 | 男の料理 | Comments(2)
2016年 07月 31日

酸辣湯麺

サンラータンメンもしくはスーラータンメンと読む。
今回作ったのは素麺酸辣湯(ソーメンサンラータン)。

カミさんは昨日、今年も例外なく年間行事である
実家のお盆で帰省した。ただし一人で‥‥(中学生と
小学6年生の孫娘たちは、それぞれ予定があるらしい)
f0140209_18185272.jpg

材料:素麺・1把(50g)、卵・1個、豚小間切れ・50g、水・300㏄
   ブナシメジ・適、麺つゆ(3倍濃縮)・50㏄、酢・大さじ2、
   水溶き片栗粉・各大さじ2、刻みネギ・適、ラー油・適、
   粗挽き黒コショウ・適、ミニトマト(アイコ)・2個

作り方
①茹でた素麺をザルにあけ、水洗いし水気を切る
②小鍋に水・麺つゆを入れ沸騰したらブナシメジ・豚肉を加え、
 1~2分たったら水溶き片栗粉でトロミをつける
③②に酢を入れ、良く溶いた卵を回し入れ素麺を加え一混ぜする
④お好みでラー油・粗挽き黒コショウかけ、刻みネギを塗して、
 朝収穫したばかりのミニトマトを載せて出来上がり!

暑い日には酸っぱ辛いものが良く似合う!!!
麺はラーメンやうどん・きしめんでもいいかも‥‥。
キノコの種類はお好みで‥‥。

by don-viajero | 2016-07-31 18:28 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 07月 24日

牛タンサンド

牛タン丼を作ったとき、余分に焼いた2枚で牛タンサンド!

ミニトマトのアイコは一日放っておけば、10個~15個収穫
できるようになってきた。

カミさんが大のトマト嫌いなので、最近は自分用の料理に
せっせと使っている!
f0140209_18513784.jpg


by don-viajero | 2016-07-24 18:56 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 07月 16日

キッシュ

キッシュ(仏:Quiche)は、卵と牛乳や生クリームを使って作る
フランス、アルザス・ロレーヌ地方の郷土料理だ。

カミさんのいない休日のランチ。このおフランス料理に挑戦!
材料:冷凍パイシート・2枚、卵・2個、牛乳・100㏄、ベーコン・適、
   スライス玉ねぎ・1/4、ブナシメジ・適、さっと湯通したほうれん草・
   1/4束、塩コショウ・適、とろける刻みチーズ・適

作り方
①ボールに卵、牛乳、チーズ、2~3㎝に切ったほうれん草、塩コショウを
 入れ混ぜる
②フライパンで炒めたベーコン、玉ねぎ、ブナシメジを粗熱をとってから
 ①に加え混ぜる
f0140209_20305684.jpg

用意するものは百均で買った3枚入り丸型スポンジケーキ型アルミ。
スーパーの冷凍食品売り場にある4枚入りパイシート。
f0140209_20315413.jpg

常温に戻したパイシート2枚を薄く伸ばしアルミ鍋に置き、フォークで
穴を開け、具材の入った分だけ残し切る。
f0140209_20331213.jpg

オーブン200℃で20分。出来上がり!  

by don-viajero | 2016-07-16 20:35 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 07月 03日

ヒラヤーチー

「沖縄風お好み焼」「沖縄風チヂミ」。
ちなみに「ヒラヤーチー」の語源は「平焼き」からだとか‥‥?

今は何も作っていない裏の畑に、結構な量のニラが生えていた。
(スイセンではない!)そこで今回この料理に挑戦した次第である。
f0140209_1743857.jpg

材料(2枚分)
沖縄もずく・50g、卵・一個、ニラ・1/3束、千切りニンジン・適、
シーチキン・1缶(80g入り)、サラダ油・適、醤油orポン酢・適
A:小麦粉/水・各1/2カップ、塩少々

作り方
①塩抜きしたもずくを水切りし適当な長さに、ニラは細かく切る
②ボウルに溶き卵とAを入れてよく混ぜ、もずく、ニラ、ニンジンも
  入れて混ぜ合わせる
③サラダ油を熱したフライパンに③を平たく流し込み、焼き色が
  付いたら裏返し、中まで火が通るまで焼く

付けダレは醤油かポン酢が合うが、水切りカスピ海ヨーグルトも
なかなかいける!

一般的なヒラーヤーチーとお好み焼きとチヂミの違い(調味料はソース以外)
【生地の薄さ】
ヒラヤーチー/薄め お好み焼き/厚め チヂミ/薄め         
【一般的な具】
ヒラヤーチー/ニラ・シーチキン お好み焼き/豚肉・キャベツ・エビ 
チヂミ/ニラ・豚肉・イカ
【調味料】 
ヒラヤーチー/醤油 お好み焼き/マヨネーズ チヂミ/コチュジャン

by don-viajero | 2016-07-03 18:05 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 07月 01日

カミさんの同窓会

昨日、私との結婚を決めるまで勤めていた職場の皆さんとの
同窓会出席のため、上京した。(実家・府中泊/明日帰宅予定)
そこで、昨夜と今夜は留守飯だ。

昨夜は、残っていた「つのトロ」と新たに取り寄せたエンガワで
恒例の「The・寿司」だ!
f0140209_19432937.jpg


そして、今宵は久々の牛ステーキ!
イタリア料理の「タリアータ」に挑戦だ!!!
タリアータとはイタリア語で「(薄く)切った」という意味。

ソースに使う高価なバルサミコ酢がなかったので、白ワイン
ビネガーと料理用赤ワインを混ぜて代用。
f0140209_19442248.jpg

お伴は、ポルトガル赤ワイン/’13年BISPADO TINTO
(ビスパードティント辛口)。
スーパーの安い牛肉で贅沢をしました!!!

by don-viajero | 2016-07-01 19:46 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 06月 26日

PA-3

「プリン体と戦う乳酸菌」
f0140209_1991152.png
   
≪meijiのCMから≫

メーカーのHPを覗いても「尿酸値」という言葉は、
一切出てこない。
ましてや、その値を下げることができるなんて‥‥。

まぁ効能はともかく、しばらく増殖させてプリン体と
戦ってもらうことにした。

お風呂から出るとき、成分無調整の牛乳と混ぜた
PA-3を、お風呂の湯を入れた発砲スチロールに
入れ、一晩(10時間前後)寝かす。

見事に成功!次回からはこれを種にして、スティック
半量のグラニュー糖を加え、同じ作業をすればいい!
f0140209_19135497.jpg


by don-viajero | 2016-06-26 19:16 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 06月 22日

鶏のカレーピカタ

f0140209_19341660.jpg

材料:鶏もも肉・1枚300gほど、卵・1個、塩コショウ・適、
   塩・小さじ1/4、カレー粉・小さじ1/4、パルメザンチーズ・
   大さじ、小麦粉・適、オリーブオイル・適

作り方
①鶏肉は4枚~6枚にそぎ、塩コショウをすりこみ小麦粉を塗す
②卵を割り、塩・カレー粉・パルメザンチーズを混ぜ入れる
③鶏肉の表面に②をたっぷりつけ、フライパンにオリーブオイルを
 熱し、弱火で両面を焼く
④好みの野菜を添え、冷凍パセリを塗す
 (残りの半分は冷凍保存へ)

今年のGW、東屋倶楽部のメンバーでやったお花見宴会のとき残った
鶏もも肉300g入り1枚と500g(2枚入り)を預かり、私の冷凍庫に
入れておいたのだが、邪魔になっきたので、300g入りのを使わせて
もらった次第だ。

by don-viajero | 2016-06-22 19:37 | 男の料理 | Comments(0)