陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:男の料理( 224 )


2016年 03月 27日

3日目の夕食

予定通りの献立

ポトフはウィンナーと野菜だけの簡単なもので済ますつもりだった
のだが、冷凍庫にフォー用の手羽元が2本あったのを思い出し、
手羽元ポトフに変更‥‥。

緑のブロッコリーを加えなかったので(在庫がなかっただけ)、
彩にパクチーを塗した。
f0140209_1882457.jpg


by don-viajero | 2016-03-27 18:26 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 26日

夕食の献立

昨日、カミさんは孫娘たち(中1と小5)を連れ立って、彼女の
実家に里帰り。といっても義姉しかいないのだが‥‥。

帰ってくるのは28日。川崎の次女とその息子たち(4歳と2歳)も
一緒に‥‥。我が家に賑やかな春がやってくる!

そこで早くから夕食の献立を考えていた。
25日(金)・ポークチャップ&ポテトサラダ
f0140209_18241247.jpg

26日(土)・エンガワ&つぶ貝&サーモンの握り寿司
f0140209_18251733.jpg

27日(日)・ブリの照り焼き&ポトフ

≪ポークチャップ≫
材料:トンカツ用豚ロース・1枚、小麦粉/コショウ/サラダ油・各適、ニンニク・1片
   A:ケチャップ/ウスターソース・各大さじ1

作り方
①筋を切ってコショウをふり、小麦粉を全体に薄くつけたロース肉を
 サラダ油をひき、スライスニンニクを入れたフライパンで両面しっかり焼く
②両面こんがり焼き色がついたら、混ぜ合わせたAを加えて全体に
 なじませる

次回はポークチャップ丼を作ろうっと!           

by don-viajero | 2016-03-26 18:30 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 23日

試作・Ⅱ

先日、タコス丼を作ったとき、少だけ残した挽肉で試してみた。
f0140209_189156.jpg

冷凍してあった餃子の皮は、簡単に一枚一枚剥がれるからありがたい。

解凍した皮にタコスを載せ、とろける刻みチーズを塗すだけだ。
どうもフライパンの場合、アルミホイルは必要ないみたいだ‥‥。

これもイケる!!!

by don-viajero | 2016-03-23 18:25 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 20日

タコのペペロンチーノパスタ

f0140209_1581141.jpg

前回に続き、冷凍庫の奥に眠っていた蒸しタコと昨年作った
ジュノベーゼの瓶詰ソースを利用してのペペロンチーノパスタ

材料:パスタ・120g、乱切り蒸しタコ・100g、刻みニンニク・2片、
   輪切り唐辛子・適、ジュノベーゼソース・大さじ1、中トマト半・
   1㎝角に切る、オリーブオイル・適、塩コショウ・適、パスタ
   茹で用塩・適、パスタの茹で汁・大さじ3、お好みでパクチー

作り方
①フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクが焼き色になったら
 唐辛子、ジュノベーゼを加え炒める
②タコ、トマトを入れ、パスタの茹で汁、パスタを加えさっと炒め、
 塩コショウで味を調える


       

by don-viajero | 2016-03-20 15:39 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 15日

コリコリ丼

正月、あきる野の友人宅で開かれた恒例の新年会で、
主人であるA氏に言われた。
「 おいMよ!
 毎年、美味しい一品料理を提供してくれるが、
 お前専用の冷凍庫には、いくつか干からびて
 しまった物も入っているんじゃないか?」
「そうかも‥‥???帰ったら確認してみるよ!」

A氏の的を射た指摘に不安になり、専用の冷蔵庫を片付ける
ことにした‥‥。そして‥、出てくるわ‥‥出てくるわ‥‥。
賞味期限切れの品々。なかには、すっかり干からびてしまった
握りこぶし大の中トロまで出てきた!
「やっぱりな!」
耳の奥から、彼の笑い声が聞こえてきそうだ‥‥。

今後そんなことがないよう、同一食材はすべて食べつくしてから
注文することにしよう!

そこで寿司用でしか使わない小出しの『エンガワ』と『つぶ貝』、
そして『蒸しタコ』を使って『コリコリ丼』を作ってみた。
f0140209_18195780.jpg

f0140209_1820161.jpg

材料:刺身3種、シラス・20g、大根おろし・適、ポン酢・適

作り方
①刺身はそれぞれ大雑把に切り、ご飯の上に載せ、シラスを
 混ぜた大根おろしをかけ、ポン酢を塗す

彩にパクチーを装ってみた‥‥。
コリコリ美味しい丼飯に仕上がりました!

by don-viajero | 2016-03-15 18:42 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 09日

試作

先日、泊りに来ていた孫娘たち(中一と小五)とカミさんが、
一緒に夕食の準備をしていたときだ。

「今夜のおかずは餃子なんだ!」
「そうだよ!おじいちゃん!!
 うんと美味しい餃子を作ってあげるからね!!!」
「ありがとう‥‥。
 おじいちゃんに、3枚だけ皮をわけてくれないかな?」
「その代わり、おじいちゃんの分は3個減だからね!」
「了解!」

その餃子の皮3枚で作ったのが題して『餃子の皮deピザ』。
f0140209_19144280.jpg

蓮華の花に囲まれての「ずくの会」恒例の蓮華祭りに提供する
一品の試作品だ!

材料:餃子の皮・3枚、ウィンナー・1本、ピーマン・1/2個、
    タマネギ・1/8個ぐらい、ケチャップ・小さじ1×3、
    とろける刻みチーズ・適

作り方
① ピーマン、タマネギは細かくスライスし、ウィンナーは薄輪切り
② アルミホイルの上に餃子の皮を並べ、ケチャップを塗り、①を
  均等に載せる
③ とろけるチーズを塗し、フライパンにホイルごと入れ、蓋をする
  (家で焼くときはトースター)

by don-viajero | 2016-03-09 19:18 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 05日

ホタルイカのちらし寿司

朝の冷え込みを忘れさせるような暖かな日中を迎え、そこかしこから
春の便りが聞こえ始めてきた昨今、雪を纏った北アルプスの向こう側、
富山からもホタルイカのニュースが流れてきた。

あれ以来、生のホタルイカは食べていないが、ショウガ醤油を塗しての
丼物はたびたび口にしている。
f0140209_19293690.jpg

桃の節句をかねて、ちらし寿司にしてみた。

材料:ボイルホタルイカ・50g、きゅうり・1/4、トマト・中1/2、
    アボガド・1/2個、ほうれん草・1/2束、酢飯・一人分
    (暖かなご飯に米酢/砂糖・各大さじ1、塩・小さじ1)
調味料A:醤油/オリーブオイル/レモン汁・各大さじ1、
      ホタルイカのパックに入ったショウガ

作り方
① きゅうり、トマト、アボガドは1cm程度の角切りにし、ほうれん草は
  下茹でし、冷水で冷やし水気を切り、2cmほどの長さに切る
② ボールにホタルイカと①を混ぜ合わせ、Aで和え酢飯に塗す

やはりホタルイカにはショウガが良く似合う!

by don-viajero | 2016-03-05 19:31 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 03月 02日

カスレ

イタ~リアンからフレンチへ!

『カスレ』とはフランス南西部の有名な地方料理だそうだ。
もちろん、作ったこともなければ食べたこともない。

日曜の夜、カミさんは生協の仲間たちと女子会(ババ会)
ディナー。そこで一人、この料理にチャレンジだ!

ただ『カスレ』と言っても、そもそもは各家での家庭料理で、
様々なレパートリーがあるということだ。
今回は題して『カスレ風豆とスペアリブの煮込み』を作ってみた。
f0140209_18572841.jpg

材料:スペアリブ・2本、カットトマト水煮缶・400g入り半缶、
    ひよこ豆・100g入り1缶、粗みじん切りタマネギ・1/4個、
    粗みじん切りニンジン・1/8、塩(下味用)・小さじ1、
    サラダ油・大さじ1、塩コショウ・適、ローリエ・1枚、
    パン粉・適、バター・10g×2個

作り方
① フライパンにサラダ油を入れ、塩もみしたスペアリブの表面を
  中火でこんがりと焼き、いったん取り出す
② フライパンの脂を拭き取り、タマネギ、ニンジンを入れ、しんなり
  するまで炒め、①のスペアリブ、ひよこ豆、トマトの水煮、
  ローリエを加え、混ぜ合わせ、蓋をして中火で5分ほど煮込む
③ 塩コショウを塗し、バター10gを塗った耐熱容器に移し、パン粉を
  ふり、ちぎった10gのバターをのせ、トースターで表面が少しだけ
  こんがりするまで焼く(5分ほど)

材料が多いわりに簡単な料理で、スペアリブの肉がとっても柔らかく、
赤ワインのお伴には◎でした!

by don-viajero | 2016-03-02 18:59 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 02月 24日

マグロとアボガドのおろし丼

f0140209_1835019.jpg

どんな調理方法でも抜群に相性のいいマグロ+アボガドだ。

材料:マグロの切り落とし・100g、アボガド・1/2個、ニンニク・一片、
    塩コショウ・少々、オリーブ油/大根おろし/ポン酢・各適

下準備:マグロは両面塩コショウを振りかけ、ニンニクは薄切りにし、
      アボガドは1㎝幅に切っておく

作り方
① フライパンにニンニクとオリーブ油を入れ、ニンニクがキツネ色に
  なったら取り出し、マグロの表面だけ焼き、キッチンペーパーで
  油を切っておく
② 丼にご飯をよそい、マグロとアボガドを交互に並べ、水気を絞った
  大根おろしを載せ、①で取り出したニンニクを載せ、ポン酢をかける

また一つ美味しい『安・旨・短』の丼メニューが仲間入りした!

by don-viajero | 2016-02-24 18:58 | 男の料理 | Comments(0)
2016年 02月 21日

豚ジャガ味噌クリーム

開けた赤ワインが残っていたので、相性の良いレシピを
探していたら、こんな旨そうなものがヒットした!
f0140209_19224673.jpg

二人分作り、半分はワインのツマミ料理として、残りは
丼用として、タッパーに入れ冷凍にした‥‥。

材料:豚バラ・150g前後、ジャガイモ・中1、タマネギ・1/2個、
    サラダ油/調理酒/味噌・各大さじ1、水・300㏄、鶏ガラ
    スープの素・小さじ2、コーヒーフレッシュ・3個
    (生クリームの代用品)、バルメザンチーズ/ 黒コショウ/
    刻みネギ・各適

作り方
①皮を剥き一口大に切り、水にさらしておいたジャガイモと、
  くし切りしたタマネギを油の入れた鍋に入れ、炒め合わせる
②水と鶏ガラスープの素を加え強火にし、煮立ったらアクを取り
  除き、 20分ほど弱火で煮る(石油ストーブでやった)
③お酒に浸しておいた豚肉を加え、肉の色が変わったら味噌と
  コーヒーフレッシュを加え、ひと煮立ちさせる
④器に盛り、チーズと黒コショウをかけ、刻みネギを塗す

レシピを見ていても、実際作っていても-これは丼に合うぞ!-
確信していた‥‥。

後日、紅ショウガも塗して食べてみようっと!
    

by don-viajero | 2016-02-21 19:28 | 男の料理 | Comments(0)