陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Photo( 217 )


2011年 10月 14日

蜘蛛の糸

「蜘蛛の糸」はアマチュアカメラマンの好む構図で
あるらしいが、そんなに簡単なものではない。

今朝、幸運にも深い霧に包まれ、数枚撮った。
トリミングと少しばかりの修正。
もっとバックを整理して撮らなければ‥‥。

しかし、蜘蛛ってすごい芸術家なんだね!
f0140209_17264723.jpg

f0140209_1730521.jpg

f0140209_1727835.jpg

f0140209_17272922.jpg

f0140209_17275470.jpg


by don-viajero | 2011-10-14 19:52 | Photo | Comments(2)
2011年 10月 10日

高嶺ルビー

蕎麦の花といえば白。
ランニング中にも、白い蕎麦の花が静かに揺れるのを
目にしていた。日毎(ひごと)に白がくすんでいく蕎麦畑の
隣りに、日に日にピンク色に染まっていく畑があった。

その朝は深い霧に覆われていて、なかなかお陽さまが
顔を出してくれない。ピンクの花はビッショリと
重たそうに水滴を纏っていた。
f0140209_1636089.jpg

f0140209_16363293.jpg

f0140209_16365468.jpg

赤蕎麦:蕎麦の原産地は中国の奥地・雲南省から
     ヒマラヤにかけてと言われており、そこでは、
     ピンクや赤色の蕎麦が普通にある。信州大学の
     教授らが、ヒマラヤの標高3800mの場所から
     持ち帰って品種改良し「高嶺(たかね)ルビー」と
     名付けたものである。

by don-viajero | 2011-10-10 19:58 | Photo | Comments(2)
2011年 07月 17日

路傍の小さな花たち

「雑草と言う名前の草はない」
ある高貴なお方のお言葉だ。

雑草みたいな小さな花に目が行くようになった。
小さなピンクの花。カミさんに訊いても、
ネットで調べても判らなかった。
f0140209_881945.jpg

小さな黄色の花も調べていたらカタバミと判明。
f0140209_894433.jpg

そこにあったピンクがムラサキカタバミ。
カタバミと言えば我が家の家紋(丸に剣片喰)。
カタバミという花がこんなにも小さいものとは
知らなかった。この歳にして、くたびれかけた
脳みそに、一つ新たなものが刻みこまれた。
f0140209_8121040.jpg
ニガナ
f0140209_8125635.jpg
クサノオウ
f0140209_8133430.jpg
ミッキー似のツユクサ

by don-viajero | 2011-07-17 08:31 | Photo | Comments(0)
2011年 05月 18日

黄色の世界・Ⅲ

f0140209_20493284.jpg
山吹
f0140209_20501682.jpg
菜の花
f0140209_20504046.jpg
我が家のパンジー

この時季の移ろいは、あまりにも早い。
足早に魔法使いが新たなページを捲ってゆく‥‥。

道端では、西洋タンポポが次から次へと花を咲かせ、
春の陽光をいっぱい吸い上げて、見事な黄色を
見せびらかせたあとの綿毛を飛ばそうと、ゆらゆら
準備に抜かりのないものが溢れ出してきた。

春のティンカーベルが疲れを知らずに、魔法の棒を
振り続けている。

GW、黄砂の影響でぼやけた光が、そうでなくとも重ぐるしい
現状を息苦しくさせていたが、昨日から抜けるような蒼い空と
目に染みる若葉がキラキラ輝いてきた。
f0140209_21241263.jpg
ヤシャブキとコナラの若芽

そんなことを感じる一瞬だけ、我が身の幸せを享受する
ことにしよう!

by don-viajero | 2011-05-18 21:07 | Photo | Comments(0)
2011年 04月 30日

梅・桜・桃そして芽吹き

閑話休題。
せっかくの桜の時季だ。撮り置いた写真を紹介する。
f0140209_7494989.jpg
我が家の小梅
f0140209_7504360.jpg
常念岳と咲き始めた桜
f0140209_7513988.jpg
二分咲き
f0140209_7522310.jpg
八分咲き
f0140209_753341.jpg
満開の桜
蜂たちがかくれんぼを楽しんでいる
f0140209_754645.jpg


そして芽吹き
f0140209_7583065.jpg
芽吹きの始まる前のカラマツ上空を横切る飛行機雲
f0140209_80338.jpg
カラマツとブナの芽吹き
f0140209_805125.jpg
つくしんぼ
f0140209_831518.jpg
タラの芽
f0140209_834744.jpg
コシアブラももうちょっとで‥‥

我が家の山桜は葉っぱが少し出てきました。
数日で花も咲くことでしょう。
タラの芽とコシアブラは、我々の口へ天ぷらにされ、
運ばれるのを待っているようです(笑)

by don-viajero | 2011-04-30 08:09 | Photo | Comments(2)
2011年 04月 16日

黄色の世界・Ⅱ

ブルガリアの旅は一休みして、花の写真を送ります。

先日、道路脇で残雪のアルプスを覆い隠すぐらい
見事なレンギョウに出逢ったので‥‥。
田んぼの畦にはタンポポも綺麗に黄色く輝いている。
f0140209_133236.jpg
まるで黄色いカーテン
f0140209_13422.jpg
レンギョウ近景
f0140209_1363264.jpg
サンシュ
f0140209_1428173.jpg
タンポポ

ついでに、モクレンと里山で出逢ったコブシも‥‥。
f0140209_1373441.jpg
ハクモクレン
f0140209_1381563.jpg
ニシキモクレン
f0140209_1384960.jpg
コブシの木
f0140209_1393514.jpg
コブシの花

by don-viajero | 2011-04-16 13:12 | Photo | Comments(0)
2011年 04月 07日

黄色の世界・Ⅰ

東京では桜が満開になったそうだ。
我が家でも、モンシロチョウやクジャクタテハ、
テングチョウがひらひら舞う姿を目撃するように
なってきた。そう、蝶たちも春を告げにやって
きたのだろう‥‥。

これから咲きだしてくる菜の花やラッパスイセン、
山吹がまだまだ黄色の世界を楽しませてくれる。
f0140209_2013739.jpg
 
         三色揃い踏みのクロッカス        
f0140209_2022796.jpg

             満開の福寿草
f0140209_2032880.jpg
  
              檀香梅1              
f0140209_2035895.jpg

              檀香梅2 

骨だらけになっていた雑木たちの枝にも、小さいながら
もっこりと蕾が膨らみ始めた。
すでに、黄色い花がくすみだした「マンサク」の枝の横で、
「檀香梅(ダンコウイバイ)」が鈴なりの黄色く可愛らしい
花を咲かせている。

この歳までずっと「アブラチャン」だと思い込んでいたものが
「檀香梅」であることが判明!この二種は、遠目には区別が
難しいらしいが「アブラチャン」のほうが、小振りでいくらか
黄色が緑がかり、花柄があるということだった。                       

by don-viajero | 2011-04-07 20:05 | Photo | Comments(0)