陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Cuba/Mexico( 34 )


2011年 01月 17日

成田空港

成田の空は真っ青!
朝陽を浴びてキラキラ輝き、多くのビジネスマンや旅人を
乗せた機体が、次々と飛び立ってゆく‥‥。

なんとDUTY FREE SHOP の奥にNTTが運営している
無料インターネットカフェがあったのだ!
その数30台ぐらいのノートPC。
コーヒーを飲むのは自由。しかも時間無制限!!!

イエメン行きのとき、羽田発関空経由だったのだが、
このとき関空の出発ゲートには2台の無料PCが
置かれていた。

友人とベトナムへ行ったとき、古都フエでの宿
(一人$10ぐらいだったと思う)で部屋に時代物では
あったが無料PCがあった。もちろん日本語対応だ。

今回泊まった成田のホテルにもロビーに一台PCは
あったのだが、10分100円だ。

これからの時代、部屋に一台のテレビではなく、
一台のPCではないだろうか?

兎に角、ようやく成田にも無料PCが出現した!

by don-viajero | 2011-01-17 10:59 | Cuba/Mexico | Comments(0)
2011年 01月 13日

旅への期待

-人は旅を触媒として、化学変化を起こす。
 ときには、人生を激変させるかもしれない‥-

どこかにあった言葉だ。
確かに、若いときの「旅」は期間も長かったし、
激変でなくとも、それからの私の人生に大きく
影響を及ぼしたことには間違いない。

帰国後の数週間、冷めやらぬ興奮は、
-次はアフリカへ数ヶ月かけて行こう!-
そんなことばかり考えて悶々と日々を送っていた。
日本でのあまりに速く過ぎてゆく一秒に疲れ、
腑抜けのような思考でアフリカを向いていた。

長い時間をかけ、線で繋ぐことが本当の「旅」かも
しれない。行き帰りの航空行程を除けば、
たかだか10日前後の点のような「旅」なんか、
「旅行」と言ってもいいぐらいのもんだ。
それでも、私はそれを「旅」と呼ぶ。
毎回の「旅」が、私のなかでは人生を揺さぶるに
足るものであるからだ。

たった一泊の国内旅行でも、その日が近づけば、
期待でワクワクしてくる。いま、私がその状態だ。
いくら旅慣れていると言えども、訪れたことのない
未知の世界への「旅」であり、持ち物も念入りに
チェックする。

一応、今宵準備は整った‥‥。

by don-viajero | 2011-01-13 19:50 | Cuba/Mexico | Comments(2)
2010年 12月 12日

誘(いざな)い

ランニングは感性を研ぎ澄まし、読書は五感を
刺激させる。そして、旅は未知への誘いである。

次回の旅の目的地をキューバと決めて、早速
購入したのが、いつものように『地球の歩き方』
だった。初期のころは『地球の迷い方』と揶揄
されていたこのガイドブックも、読者からの投稿
などで、だいぶ情報の掲載量も充実してきた。

しかし、『カリブの海の島々』の題名の通り、
キューバがただのリゾート地として括られており、
宿は高級ホテル、レストランも如何にも高そうな店しか
載っていない。そのため、今回はかなりハードに
ネットを駆使して情報を集めざるをえなかった。

そんなとき出会ったのが『旅行人』だ。
この雑誌、やはり『地球の歩き方・ドバイとアラビア
半島の国々』のなかで、少々ぞんざいに扱われていた
イエメン行きのときにも購入した。

歳を重ねるにつれ、保守的になる。
若かったころのように、少しの情報だけで飛び込んで
行くような、無謀でその場しのぎの旅はできなく
なってきた。現地で実際に覗いて部屋を見てからの
ほうが確実なのは解っているが、ザックを背負って
あちこちのホテルを歩き回り、その夜の宿を決める
なんて面倒になってきた。

今回はホテルだけでなく、民宿のような個人経営の
部屋貸し『カサ・パルティクラル(直訳:個人の家)』も
キューバ宿泊サイトを通して予約できた。
バスもツーリストだけが利用するViazul社の
無料会員になり、すべての利用路線の予約もした。

あとは、旅立ちの日を迎えるまでの一ヶ月余り、
日を追うごとに誘いの波が大きくなってくることであろう‥‥。

by don-viajero | 2010-12-12 19:48 | Cuba/Mexico | Comments(0)
2010年 11月 09日

旅の準備

一昨日の日曜、先週の倍返しのような天気。
まさしく‘Indian Summer’小春日和だった。

無風で暖かく、目をやれば麓(ふもと)まで下りてきた
紅葉が、ランニングを楽しませてくれた。
畑や家々を飾る、玉にした黄色い小菊が眩しく輝き、
有明山の真上には、宇宙まで見えてしまうんじゃ
ないかと思わせるような碧い空に、スマイルマークの
雲がいつまでものんびり浮かんでいた。

いつものフルトレを気持ちよく終え、午後はネットを
駆使してのフル作業だ。気晴らしに暖かな陽だまりに
リクライニングチェアーを引っ張り出し、読みかけの
重松清「季節風・秋」のページを捲る。

すでにダラス経由カンクン往復券の手配は済んだ。
二度目のメキシコ。(何れメキシコ記は掲載するつもり)
前回('05)と違うのは、米国入国の際提示するESTA
これは取得済み。

土曜夜、カンクン⇔キューバ・ハバナのチケットをカンクンの
旅行会社(英文サイト)でゲットした。もちろん、カンクン滞在中の安宿(一泊朝食なし:2,648円)も予約完了。

あとはキューバ国内の予定を煮詰め、初日の宿だけ予約。
その後、キューバ大使館にツーリストカードの申請をすれば、
すべての手続きが終了となる。
こうして、旅の準備をしているだけで心はドキドキ、ワクワク。
脳みそも勝手にサルサのように陽気に踊りだしてくる。

航空券の手配。ましてや現地発着の航空券、宿の予約etc。
支払いはクレジットカード。安宿はいろいろなサイトを観て
比較検討ができる。パソコンはまるで、キーボードを
叩くだけで飛び出してくる「魔法の画面」。

まったく便利な世の中になったものだ!

*米国はトランジットでも入国・出国手続きをする

by don-viajero | 2010-11-09 04:24 | Cuba/Mexico | Comments(0)