陽気なイエスタデイ

donviajero.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エッセー( 511 )


2017年 07月 19日

大物見参!

朝、我が家のカミさんが開口一番‥‥。

「夜中、何をガタガタ騒いでいたの‥‥?」

「そう‥‥?
 静かに行動していたつもりだったんだがねぇ‥‥」

「階段の上り下りが結構五月蠅かったよ!」

「ご免!夜中網戸にいつもと違って、でっかい者が
 ぶつかった音がしたんだ!
 開けてみれば雄のカブトムシだよ!
 一応、オイラだって男の子だから興奮しちゃうよ!
 捕まえて表の大きな虫かごに持っていったんだが、
 暗くてヘッドライトを取りに上がっていったんだ!
 ゼリーの入れ物が判らなくてね!」
f0140209_19502256.jpg
翌朝、貪るようにしてゼリーを食べていた!
この虫かごにはあのメスもいるのだが‥‥。
期待値、大!!!

by don-viajero | 2017-07-19 19:53 | エッセー | Comments(0)
2017年 07月 16日

夜の訪問者

夕食後、まだ薄っすら明るい中‐カナ カナ カナ‐と
ヒグラシの鳴き声が、騒ぎ始める……。
漆黒の闇が訪れ、部屋の灯りを消し忘れ‥‥。

ウトウトし始めたころ、ベランダに面した網戸で
開け放した窓に、何やら‐ド~ン‐とぶつかる音。

毎年訪れてくるカブトムシやクワガタたち。今シーズン
最初の訪問者は、オスのノコギリクワガタさんだった!
f0140209_18494499.jpg
Wikiより
用意してあったカブトムシ用の大きな虫かごに入れる。
ところが翌朝、蓋が少しばかりずれていて見事に脱走!

数日後やってきた“夜の訪問者”はメスのカブトムシ。

彼女はゼリーに見向きもせず、そそくさとかごの中の
土に潜り込んでしまい、写真にも収まらない!

この夏、どのくらい多く“夜の訪問者たち”が飛んで
来ることだろうか‥‥。孫たちが待っていますよぉ~!

by don-viajero | 2017-07-16 18:56 | エッセー | Comments(0)
2017年 06月 24日

松枯れ

f0140209_1951739.jpg

‐分け入っても 分け入っても 青い山‐山頭火

温泉を買いに行く道すがら、たった500mほどの片道一車線の
両側に、十数本の松枯れした木がある‥‥。
この木が大風等で倒れ、通行中の車や、人に被害を及ぼしたら、
一体誰の責任になるのだろうか‥‥。

最後の一本だけ元気に頑張ってきた赤松が、ついにやられた!
5月初旬ころからてっぺんが変色してきたのを確認した‥‥。
こうなればあと一ヵ月以内に全体が赤くなってしまうだろう。

数年前、我が家の赤松の被害木は、当時市に申請後無料で伐採
してもらったものが5本。自分一人でチェーンソーやザイル、
ワイヤー、4駆、滑車を駆使して倒したのが4本だ!

だがこの地表から1mの高さで幹回り1.7mの大木。我が家と息子の
家の間にあり、素人が切り倒すことなんか到底無理である。

知り合いの「木こりさん」に頼んだところ、市の補助は半額。
57,000円だからⅯさんの支払いは28,500円の旨を伝えられた。

あと数本元気なものが川沿いにあるが、それらはみなかなり西の
森側に斜めに伸びているし、その管轄は私ではなく、河川管理者で
ある土地改良区が責任を負ってくれるものだろう‥‥。

近い将来‐分け入っても 分け入っても 赤い山‐
にならんことを願うばかりである‥‥。

by don-viajero | 2017-06-24 19:10 | エッセー | Comments(0)
2017年 06月 11日

空梅雨

どこかでしっぺ返しがくるような爽快な天気が続く…。

先週、毎年恒例のトラ友と聖地へ行ってきた!
9回裏3対1の負けゲームからまさかの同点。
11回裏サヨナラ勝利!!!(夜、祝杯で生ビール
大ジョッキ2杯も飲んじゃったよ!)今シーズン最高の
観客数を集めた球場に詰めかけたトラキチどもは、
欣喜雀躍騒ぎ立て、いつまでも六甲おろしが響き渡る…。
f0140209_1919873.jpg


甲子園に行く数日前、我が家に2年ぶりに猿の軍団が現れた!
収穫したばかりで干しておいた玉ねぎ、まだ青い実のイチゴ、
レタスetc…。風呂の網戸を開け土足進入!窓枠は足跡だらけ!

今年もたわわに実ったキイチゴが心配だったが、今のところ無事
私や孫の胃袋に収まった!
f0140209_19211270.jpg


by don-viajero | 2017-06-11 19:22 | エッセー | Comments(0)
2017年 05月 20日

旅立ち

昨年と同じ場所で雛を育てていたキセキレイ
昨日5羽飛び立っていった。

その真下にあるタンポポ(正確にはセイヨウタンポポ)も、
ちょっとでも強い風が吹けば、ふ~っと旅立ちを促されそうだ‥‥。
f0140209_19402658.jpg

横では黄色く色付いた花もあり、なんかタンポポって一年中、
開花と旅立ちを繰り返しているみたいな気がする‥‥。
温暖化が絡んでいるのかな‥‥?

ついでに我が家の庭に、点々と咲き乱れるリュウキュウツツジ。
f0140209_1941504.jpg


by don-viajero | 2017-05-20 19:42 | エッセー | Comments(0)
2017年 05月 17日

「Iris japonica」

「奢莪」の学名である。

-好きな花は?-
今、そう尋ねられれば即座にこの花の名を答えるだろう‥‥。
f0140209_19491859.jpg

味気ない我が家の空間をさりげなく楚々と飾ってくれている。

              

by don-viajero | 2017-05-17 19:51 | エッセー | Comments(2)
2017年 05月 11日

「ドン」君

「DON」とは英語で言えば「Mr.」にあたる。
私のブログ名「DON VIAJERO」は「Mr. Traveler」だ。

先日、久しぶりに和尚に逢いに行ったら、なんと境内に
造られた柵のなかに、放たれたロバがいるではないか!

「Mさん、ロバじゃなくてラバだよ!」
(ラバとは雄のロバと雌のウマの交雑種の家畜)
「で、名前もあるんだろう?」
「ドンってつけたんですよ!」
「ドンの意味は知っているの?」
「知らないよ‥‥」
和尚は私の説明に妙に納得‥‥。
「ところで、どうしてラバを飼う気になったの?」
「夜、飲み屋に行くときコイツに乗って、帰りは
 酔い酔いで‥‥なぁ~んちゃってね(笑)」
「それって、多分道路交通法違反だよ!」
f0140209_1993539.jpg

相変わらず意味不明な坊さんである‥‥。

by don-viajero | 2017-05-11 19:14 | エッセー | Comments(0)
2017年 05月 08日

「やはり野に置け蓮華草」

-蓮華草は野に咲くから美しく見えるのであって、それを
 摘んできて家の中に飾っても調和せず、美しく見えない。
 播磨(現在の兵庫県)の俳人・滝野瓢水が、遊女を見うけ
 しようとした友人をいさめた句
 「手に取るならやはり野に置け蓮華草」から。
 自然の中で咲く蓮華草が美しいのと同じように、遊女は
 色街にいてこそ美しく見えるという意味-
f0140209_20402993.jpg
『蓮華祭りにて』
田起こし前の田圃の蓮華。
f0140209_20412797.jpg
『代かき後』
昨年、蓮華の種蒔きで畦に蒔かれたものであろう‥‥。

昨日、ようやく見ましたよ!川沿いの木々を渡り飛ぶ
ブル-バードを!

by don-viajero | 2017-05-08 20:44 | エッセー | Comments(0)
2017年 04月 27日

『シ・ン・ビ・キ』

f0140209_19103194.jpg
『一昨日開いた我が家の山桜

子供たちが独立し、それぞれの家庭を持ち、我が家から
巣立ってから久しい‥‥。

当然、夕食はカミさんと二人だけのことが多くなった。
その場での会話も然り‥‥。

40年近くも連れ添ってきた結果、私の「安曇弁」
かなりの部分理解してくれていると思っていた‥‥。

先日の夕食時
「ここ、数年“シンビキ”していた仕事を
 やることにしたよ!」
当のカミさん
「???????それって‥‥、どういう意味?」
「あれ‥‥“シンビキ”って方言なの???」
「‥‥だね!標準語に言い換えれば‥‥」
「そう‥‥、迷っていたってことかな‥‥」

これからも二人だけの会話の中で、カミさんの理解不可能な
「安曇弁」が、いくつも飛び出すのかもしれない‥‥。

*“シンビキする”⇒北飛騨地方の方言で“迷う”の意。

by don-viajero | 2017-04-27 19:16 | エッセー | Comments(0)
2017年 04月 17日

コゲラ

今回はアカゲラより数段小柄なコゲラさんが、
やってきました!
f0140209_19273321.jpg

f0140209_19275345.jpg

f0140209_19281252.jpg

f0140209_19283554.jpg


by don-viajero | 2017-04-17 19:29 | エッセー | Comments(0)